紺野あさ美の評判が最悪! あまりの勘違いぶりに関係者激怒「いつか自分にツケが回ってくる」

関連キーワード:

 元モーニング娘。の紺野あさ美が、7月10日に第1子妊娠を報告した。紺野は2010年に芸能活動を終了させ、11年にテレビ東京に入社。以降はアナウンサーとして活動していたが、今年1月に東京ヤクルトスワローズの杉浦稔大選手と結婚したことを機に、5月に同局を退社。「ネット上には“デキ婚説”も浮上しているが、それはなさそう。なぜなら、紺野にはテレ東退社後の“野望”があったからです」と語るのは、テレビ局関係者だ。

「紺野は杉浦選手と結婚し、“家庭優先”を理由に局を辞めると発表していた。しかし実際のところは、テレ東を辞めた後に折を見て大手芸能事務所・ホリプロに所属し、フリーキャスターとして活躍するという計画があったんです」(同)

 わざわざテレ東を離れてフリーになるとは大胆な決断だが、そこには紺野の“勘違い”があったようで……。

「モー娘。で芸能界デビューした紺野は当初、同グループや系列のタレントが所属する『アップフロントプロモーション』の一員でした。しかし、紺野が『自分の夢を叶えたい』と言って聞かなくなってしまったため、アップフロントは渋々ながらも応援することに。この時、同事務所はオーディション番組『ASAYAN』などで関係が深かったテレ東に、陰で『紺野を採用してもらえないか』と手を回していた。そのおかげで紺野の入社が決まったのですが、本人は実力でアナウンサーになれたと思っていたようです」(同)

 その結果、紺野はアナウンサーへの転身を果たせたものの、現場での評判は散々だったとか。また、杉浦選手以前にも、複数の野球選手や実業家との熱愛スキャンダルも多かった。

「そんな紺野に対し、局内からは『婚活しに来たのか』といった皮肉の声も出ていました。さらに、バラエティ番組の出演が続いた紺野は『こんなはずじゃなかった』と考えるようになり、密かにホリプロのアナウンス部とパイプを作っていた。そして、結婚を機に退社し、タイミングを見てホリプロに所属するというルートを築いていたんです」(同)

 だが、アップフロントはこうした紺野の振る舞いに、当然ながら怒り心頭。これまで育ててきた上に就職のバックアップもした手前、よその事務所に簡単に移られてしまうのは忸怩たる思いのようだ。

「さすがのアップフロントも、紺野やホリプロに圧力を掛けるまではしないはずですが、関係者は『いつか自分自身にツケが回ってくるだろう』と吐き捨てていました」(同)

 一方、紺野の方も妊娠は計算外だったようで、フリーキャスターとしての再出発は、10月の出産と産休以降と見られる。しかしアップフロント、テレ東と立て続けに親心を踏みにじっただけに、先行きは不安というほかないだろう。

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
アナタの「守ってあげたくなる人」度がわかる4択占い! Love Me Doが“甘えてOKタイプ”かどうかを診断!

アナタの「守ってあげたくなる人」度がわかる4択占い! Love Me Doが“甘えてOKタイプ”かどうかを診断!

■周囲が「守ってあげたい」と思うのは…… 「友達と2人...

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

紺野あさ美の評判が最悪! あまりの勘違いぶりに関係者激怒「いつか自分にツケが回ってくる」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで