松居一代の“恐怖ブログ”が芸能界に与えた“知られざる副作用”がハンパない! 関係者「革命的な事件です」

関連キーワード:

,

,

 自身のブログに意味不明とも思える主張を書き込み、周囲はもちろん世間を困惑させている松居一代。詳細は今のところ不明だが、夫・船越英一郎との離婚協議が進んでいると報じられるなど、騒動はしばらく続きそうだ。

 しかし、この一件の顛末以上にあることに業界関係者が注目し、恐怖におののいているという。一体、何が恐ろしいのか。

「今回、書き込まれた内容も確かに恐ろしいんですが、それ以上に怖いのが、本人しかブログにログインできないことです。通常、あれほどの内容を書き込めば事務所が即座に削除します。その上で『IDが乗っ取られた』『なりすましの仕業』とでも言っておけばごまかせた可能性もあります。タレントのブログのIDやパスワードは必ず事務所側も把握しているので通常ならこれが可能なんです。しかし、今回そうした動きは見受けられません。どうやら、事務所がIDもパスワードも把握できていないようなんです」(芸能プロ関係者)

 数多くいるタレントの中には事務所側が把握していないケースもあるのでは?

「基本的にそれはありません。そもそも松居さんほどの知名度があれば確実に把握しているはず。おそらくブログ開設当初は事務所が把握していたものの、松居さんが自らIDやパスワードを変更したのではと業界内でいわれています。これが事務所の人間にとっては盲点でした」(同)

 信頼関係を築いているからこそ無断で変更するとは想定していなかったようだが、これの何がそこまで恐怖なのか。

「今後も事務所のハンドリングしきれていないタレントがネット上で暴走する可能性があるんです。たとえば日頃から事務所への不満を抱えているタレントや結婚を強行したいタレントがブログやSNSで勝手に爆弾コメントを出したり、暴露をしたりする可能性があるんですよ。今回の件を受けて登録アドレスをマネージャーのものにするなど、タレント側で勝手にIDやパスワードを変更できないようにした事務所もあります。松居さんの件は、それだけショッキングで革命的な出来事なんですよ」(同)

 たしかにハンドリング不能となれば身近な関係者としては怖くなるのもうなずける。今回の件は関係者にとってみればブログの内容よりも、IDやパスワードを勝手に変えられたことのほうがショッキングだったようだ。

 しかし、ブログやSNSで暴走する可能性のあるタレントには、そもそもこうしたツールを与えないのが一番との声もあるらしく、それも一理あるといえる。いずれにしても今回の一件は芸能事務所に新たなストレスを生み出したのだろう。

文=吉沢ひかる

吉沢ひかるの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

松居一代の“恐怖ブログ”が芸能界に与えた“知られざる副作用”がハンパない! 関係者「革命的な事件です」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル