【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■天然原子炉で決着も残る疑問点

【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」の画像4画像は「Disclose.tv」より引用

 また、超ウラン元素の研究でノーベル化学賞を受賞したグレン・シーボーグ博士も、核反応炉には、自然界には存在しない極めて純度の高い純水が利用されるため、ウラン同位体が自然に抽出されることはあり得ず、水の純度が低いと、核反応は停止してしまうと語っている。以上のように、核反応は人工的かつ複雑な条件が必要とされるため、自然に起こる可能性は極めて低そうである。

 こういった見解があるにも拘らず、結局のところ科学界は人工的なウラン抽出があったという結論を受け入れることができず、自然説が採用され、同鉱山は「オクロの天然原子炉」と名付けられた。これによると、核分裂反応には地下水が用いられたとのことだが、先述したシーボーグ博士の見解とどう折り合いをつけるのだろうか?

【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」の画像5画像は「Disclose.tv」より引用

 確かに約20億年前のアフリカに現代科学の叡智である核反応炉があったとは常識的には考え難い。しかし、いくら否定しても、これだけの証拠が挙がっている限り、20億年前に存在した未知の古代文明、あるいは古代の宇宙人らが人工的な原子炉をすでに完成させていた可能性も一概には否定できないのも事実だろう。今後のさらなる調査に期待しよう。
(編集部)


参考:「Disclose.tv」、ほか

コメント

7:匿名 2018年3月9日 13:23 | 返信

天然自然原子炉を「古代原子炉」とは歪曲が過ぎるね
「ウラン同位体が自然にこれほど減少することは科学的にあり得ないこと」
↑これがダウトw 25億年前なら十分ありうる

6:匿名 2017年7月13日 21:53 | 返信

きちんと説明したテキストを掲載しない運営。実にベネ。ただの自然現象だからね。詳しくはググれば出てくるよ。

5:匿名 2017年7月13日 21:51 | 返信

ネタがなくなってきたのはわかるけど、これ単なる自然現象だからね。20億年前は核分裂能を持つウラン235の同位体比率が高かったんだ。天然の鉱床でさえ、ウラン235は3%の比率で混じってた。これ、現在の核燃料と変わらんからね。だから地下水脈から水が浸潤して、中性子を反射するだけで自発核分裂を起こせたの。オクロの天然原子炉が発見される1972年よりも16年も前に、日本人の地球化学者・黒田和夫が予想していたんだわ。

4:匿名 2017年7月13日 20:07 | 返信

20億年も前の超高度文明であれば、ウランを使った核分裂など使わずに水素原子の常温核融合を使うのが常識なので、これは明らかに人工的なものではなく天然物だと思います。

3:匿名 2017年7月13日 20:04 | 返信

20億年も前の超高度文明であれば、ウランを使った核分裂など使わずに水素原子を使った常温核融合を使うのが常識なので、これは明らかに人工的なものではなく天然物だと思います。

2:匿名 2017年7月13日 19:53 | 返信

やはり、現在常識とされてる全ての時間節は間違いで宇宙全体が、始まりもなく終わりもなく
地球上でもいまの文明が最初ではなく、何十回も繰り返されてきたのだな。
放射性炭素測定も過去に人工的な核爆発があれば年代などんからなくなってしまうというし。

1:匿名 2017年7月13日 19:53 | 返信

原子炉というなら、制御棒とかはあるの?w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。