アメリカ最恐の未解決事件「謎のポラロイド写真」が不気味すぎる!! 29年前、突如失踪した美人女子大生が1年後… 驚愕の展開!

■ある証言

 この不思議な事件は全米中の話題になったにもかかわらず、未解決のままだ。もちろん、いくつかの仮説はある。

アメリカ最恐の未解決事件「謎のポラロイド写真」が不気味すぎる!! 29年前、突如失踪した美人女子大生が1年後… 驚愕の展開!の画像4画像は「YouTube」より引用

 2008年にニューメキシコ州バレンシア郡のリベラ保安官は、タラに何が起こったかを正確に知っていると語った。地元の当時10代の少年2人が運転するトラックがタラの自転車にぶつかり、彼女は死亡した(事故が公になるのを恐れて、彼らがタラを殺したとの説もある)。

 そして彼らの両親や友人が遺体や犯罪の隠ぺいを助けたというものであった。そしてリベラ保安官は彼らの名前も知っているが、証拠となる死体が無いので、罪に問うことはほとんど不可能だと語る。そして死体はタラの家からそれほど離れていない場所に埋められ、犯人たちはもちろんその場所も知っているはずだと付け加えた。

 この不気味な写真についても、謎は解けていない。FBIは写真を調べたが、その女の子がタラかどうかを判断できなかった。その後、スコットランドヤードの写真分析官が「写真の女性はタラ本人」と結論付けたが、一方で米国ロスアラモス国立研究所は「写真の女性とタラは別人」という結論を出した。

 また写真の男の子は1998年4月に姿を消したニューメキシコ州のマイケル・ヘンリーではないかと言われ、タラの両親とマイケルの両親は共に捜査官に会った。しかしその後1990年にマイケルの遺骨がキャンプ場付近で見つかった。警察は彼が山で道に迷い、死亡したと結論づけた。その結果、今でも写真の若い女性と男の子がどこの誰であるか全く謎のままなのである。

 年月は流れ2002年にタラの父親、そして2006年には母親が亡くなった。FBIはタラが見つかった時のために、母親のパティからDNAを採取しておいたという。両親とも最期までタラはどこかで生きていると信じていたという。

コメント

5:マリア 2019年3月19日 03:37 | 返信

タラっていいふとももしてるよねw

4:archscanty 2018年12月21日 17:03 | 返信

こっわ!日本に生まれてよかった。

3:匿名 2018年5月8日 23:36 | 返信

尺一順大が代わりに死んでくれ

2:匿名 2017年11月4日 02:48 | 返信

こういう遊び心をもったヤツが一番こわいな

1:匿名 2017年7月20日 11:59 | 返信

そうそう!こういう記事。
昔のトカナにはよくあったんだけど、、、

最近はよく似たワンパターン記事ばったりで退屈ですねぇー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。