【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖

【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖の画像1画像は「NHK NEWS WEB」より引用

 2017年7月18日8時34分(日本時間)、アリューシャン列島にあるロシア領コマンドルスキー諸島を震源とするM7.8の地震が発生した。実は、この地域で大地震が発生したことは、まったくの想定外ではなかった。というのも、一つの“伏線”というべき出来事が起きていたからだ。詳しく解説するとともに、今後日本付近でも大きな地震が続く可能性について考えてみたい。


■太平洋プレート境界、「リング・オブ・ファイア」上で起きた地震

【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖の画像2赤い線が環太平洋火山帯 画像は「Wikipedia」より引用

 まず、前述の“伏線”とは、過去2週間弱のうちに太平洋プレート境界付近、あるいは「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」上で、M6クラスの地震が何度か起きていたことだ。そして、南太平洋側の太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きた場合、震源が時計回りに北上してきて、フィリピン、インドネシア、日本付近でも地震が続くケースが少なくない。そのため、数日中に日本の太平洋プレート境界付近でも同程度の地震が起きる可能性を警戒していたところ、アリューシャン列島をM7.8の地震が襲ったのだ。経緯をまとめると、次のようになる。

7月6日:フィリピン、M6.5
7月11日:ニュージーランド南島沖、M6.6
7月13日:パプアニューギニア、M6.4
7月17日:アリューシャン列島、M6.2
7月18日:アリューシャン列島、M7.8

 もうおわかりだろう。今回、時計回りの北上の結果として、日本を通り越してアリューシャン列島で揺れたことになる。では、このまま時計回りを続けて、アリューシャン列島よりもさらに東で大地震が続くかというと、そうとも限らない。次は、日本の太平洋側にある太平洋プレート境界付近で大地震が起きる可能性も否定できないのだ。

【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで