リンキン・パークのチェスター・ベニントン、自殺原因はUFOとの遭遇だった!! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」の後遺症に苦しんでいた!?

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、自殺原因はUFOとの遭遇だった!! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」の後遺症に苦しんでいた!?の画像1画像は「UFO Sightings Hotspot」より引用

 今月20日、米ロックバンド「リンキン・パーク」のリードボーカル、チェスター・ベニントンが、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の住宅で首を吊って死亡しているのが発見された。奇しくもこの日は、同じく今年5月に自殺した親友クリス・コーネルの誕生日だったこともあり、現在もその死に関して様々な憶測がメディアを飛び交っているが、ここに来て、斜め上の驚愕情報が飛び込んできた。なんと、自殺の原因はUFOとの遭遇にあったというのだ!


■ベニントンは生前UFOを目撃していた

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、自殺原因はUFOとの遭遇だった!! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」の後遺症に苦しんでいた!?の画像2画像は「YouTube」より引用

 英紙「Mirror」(7月24日付)によると、YouTubeチャンネル「Fury of Awesomeness」がアップロードしたインタビュー映像で、ベニントンが自身のUFO体験談を明らかにしていたことが分かったという。同映像でベニントンは、米アリゾナ州でUFOを目撃し、「100万パーセント事実である」と語っている。

「合理的で論理的な説明をできない現象に遭遇したのはこの一件だけだ。はっきりと覚えている。人間が作ったものじゃないと思うと今でもゾッとするよ。ものすごく奇妙だった」(ベニントン)

 この告白は一体何を意味しているのだろうか? UFO研究ブログ「UFO Sighting Hotspot」は、近年セレブらが次々とUFO目撃談を暴露していることを指摘、このことは偶然ではないと警告している。

 ブログ執筆者によると、50年代~60年代にかけて、米CIAが実践していた「MKウルトラ計画」がその背後にあり、計画の一環としてセレブらを洗脳しているというのだ。また、ベニントンが様々な精神的問題を抱えるようになったのもUFOと遭遇していたからだという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ