【原発事故・実録】タイ料理で放射性物質を排出した男が語る「タイの“神食材”ベスト10」! 加齢臭・抗がん・美容効果も(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

1位:パクチー(コリアンダー)

 昨今のパクチーブームで、「パクチー女子」なる言葉まで生まれるほど熱狂的ファンも現れたが、やはり独特な香りが苦手だという人も多い。複数の調査結果を見ると、日本では「嫌い」派が「好き」派を上回っているようだ。かくいう筆者も、タイ人と結婚した当初は、タイ料理の付け合わせに出てくるパクチーのキツい風味に抵抗があった。しかし、頻繁に口にするうち慣れてしまい、今では食卓にないと物足りなさを覚えるようになった。

detox_12.jpgパクチー 画像は「Wikipedia」より引用

 パクチーに含まれる栄養素は、ビタミンB1、B2、C、E、βカロテン、カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなど数知れず。一度に大量に食べるものではないため、その点は多少差し引いて考えるべきかもしれないが、それでも、あらゆる食品の中でパクチーの抗酸化作用はダントツに高いのだ。

 そしてパクチーは、加齢臭を防ぐ効果も高いといわれる。近年は若年性加齢臭に悩む若者が多く、街で強烈な体臭を発している若者に遭遇することも珍しくない。何度も指摘してきたように加齢臭対策には抗酸化物質が効果的だが、抗酸化作用がダントツに高いパクチーをたくさん摂っていれば、このような状態を改善することができるかもしれない。

 さらにパクチーは、体内に蓄積した水銀、ヒ素、鉛、カドミウムなどの有害金属を尿や便とともに体外に排出する「キレート作用」と呼ばれるパワーを持っていることがマレーシアの研究でわかっている。もちろん、放射性物質のデトックス効果も高いことが予想される。


■日本人よ、もっとタイ料理に目を向けろ

detox_13.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 このようにタイ料理に使われる食材には、アンチエイジング(抗老化)、肥満予防、美容、加齢臭予防、認知症予防、抗ウイルス、免疫力強化、抗がん、放射線デトックスなど実にさまざまな健康促進効果がある。まさに「神食材」と呼びたくなるものばかりなのだ。

 タイにおける消化器系のがん発生率は、日本をはじめとする他のアジア諸国や欧米に比べて半分以下だというが、その一方、同国ではがん死亡率が年々増加しているという事実がある。特に増えているのは、肝がん、乳がん、子宮頸がん、腸がんだが、これは国民の食生活が欧米化していることも一因かもしれない。また、タイ料理には良いことばかりではなく、高脂肪、高カロリー、味が濃いなどのデメリットもあるので注意したい。

コメント

2:匿名 2018年1月26日 04:32 | 返信

住まないと食べられない食品が一位か…。
パクチーは日本でも生産はされてるけど、まだまだ少なくて一般的ではない。
(第一、内部被爆のある国で育った野菜を食べて、本当に抗酸化力が期待できるのかどうか?w)

でも、まぁ…
フルーツくらいは心がけられるよね…。
体を冷やすものばかりだけどw
もうちょい、日本の気候に合う食べ物を紹介してほしいなぁ。
冬にも食べられるお勧めの食材を教えてほしい。
基本は味噌、塩、発酵食品に尽きるだろうけど。

1:匿名 2017年8月21日 20:18 | 返信

タイ料理は辛すぎるし油っぽい!コレステロールが上がる!!!
ベトナミーズに変えたら同じ様な食材でももっとヘルシー。断然ベトナム料理おすすめ!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。