不倫・斉藤由貴が違約金よりも恐れるモルモン教の“粛清”とは? パージ(排除)するのは、まさかの夫か!?

関連キーワード:

,

不倫・斉藤由貴が違約金よりも恐れるモルモン教の粛清とは? パージ(排除)するのは、まさかの夫か!?の画像1画像は、『ETERNITY』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

 女優の斉藤由貴に妻子持ちの50代医師A氏とのダブル不倫疑惑が持ち上がった。「週刊文春」(文藝春秋)によれば、夫に内緒で斉藤がA氏の自宅近くに別宅マンションを構え、そこで多い時で週4回も逢瀬を重ねているという。同誌では映画館帰りの“手つなぎ写真”も掲載。

 それでも斉藤は3日に行った緊急会見でA氏を「家族みんながお世話になっている主治医」と説明し、別宅マンションにA氏が行き来するのは往診のためと力説した。文春に掲載された手つなぎ写真も「階段を下りる時に足元がおぼつかないというか、そういう時に支えてくれた」「実は記憶がなくて。すごく一瞬のことだと思います。一瞬手が出て何となく握ってしまって、すぐに離して」などと、無理筋とも思える主張を繰り返した。会見に参加したワイドショー関係者は「のらりくらりと言うか、しどろもどろと言うか、イマイチ要領を得ない会見だった。仕事の合間に会見を設定したため、15分ほどで強制終了となり後味の悪い会見になってしまった」と話す。

 斉藤サイドとしては、連ドラや出演予定の映画、CM契約に影響が及ばぬよう1秒でも早く火消ししたかったのだろうが、これでは逆効果。文春は次号で続報を掲載予定というから、昨年のベッキーパターンになってしまう可能性が高い。

 一方、斉藤が真に恐れるのは仕事よりも、崇拝するモルモン教による“粛清”かもしれない。モルモン教はキリスト教の一派とされるが、戒律は厳しく「アルコール、タバコ、カフェイン」など依存性のあるモノは厳禁。なかでも婚姻前交渉や不倫は「殺人に次ぐ重大違反行為」と位置づけられている。

 斉藤は過去に故尾崎豊さんや川崎麻世との不倫疑惑が報じられたことがあり、今回が3度目。「前回の川崎さんの時は他のモルモン教信者から叩かれ、相当堪えたようだ。そのことがトラウマにあるので、何がなんでも疑惑は否定するしかない」(芸能プロ関係者)

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ