東海大発表「深海魚の出現は地震発生と無関係」は重大なミスを犯している!? 海洋生物と地震のつながりは確かにある!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

【徹底反論】東海大発表「深海魚の出現は地震発生と無関係」は重大なミスを犯している!? 海洋生物と地震のつながりは確かにある!!の画像5イメージ画像:「Thinkstock」より

■深海魚の出現後、その近辺で地震が続いた事例

・ 1968年5月13日:シギウナギ。北海道釧路市沖で漁獲。
→ 1968年5月16日9時48分:青森県東方沖(十勝沖地震)、M7.9、最大震度5。遅延3日。

・ 1990年7月18日:リュウグウノツカイ。神奈川県小田原市御幸の浜に漂着。
→ 1990年8月5日16時13分:神奈川県西部、M5.3、最大震度4。遅延18日。

・ 1995年1月13日:リュウグウノツカイ。三重県度会郡南島町の大敷網。
→ 1995年1月17日5時46分:阪神・淡路大震災、M7.4、最大震度7。遅延4日。

・ 2005年5月19日:リュウグウノツカイ。鹿児島県隅町大浜漁港に漂着。
→ 2005年5月31日11時4分:大隅半島東方沖、M5.8、最大震度4。遅延12日。

・ 2008年12月26日:リュウグウノツカイ。青森県五所川原。
→ 2009年1月16日2時49分:千島列島東方沖(シムシル島東方沖)、M7.4、最大震度2、遅延21日。

・ 2011年11月13日:テンガイハタ。神奈川県大瀬崎。
→ 2011年11月17日17時34分:茨城県沖、M5.1、最大震度3。遅延4日。

・ 2012年11月15日:ユウレイイカ。神奈川県・江ノ島沖。10月後半から相模湾内で大量に捕獲。
→ 2012年11月16日17時25分:千葉県東方沖、M5.5、最大震度5弱。遅延1日。

・ 2014年3月17日:リュウグウノツカイ。福岡県北九州市若松区の海岸。
→ 2014年3月26日17時49分:薩南諸島東方沖、M5.3、最大震度3。遅延9日。

・ 2016年3月13日:タチウオ。三重県紀宝町。熊野灘の定置網で漁獲。
→ 2016年4月1日11時39分:三重県南東沖、M6.5、最大震度4。遅延19日。

・ 2017年2月8日:リュウグウノツカイ。フィリピン、ミンダナオ島、アグサンデルノート。
→ 2017年2月10日22時頃:フィリピン・ミンダナオ島スリガオ、M6.5。遅延2日。

【徹底反論】東海大発表「深海魚の出現は地震発生と無関係」は重大なミスを犯している!? 海洋生物と地震のつながりは確かにある!!の画像6タチウオ 画像は「Wikipedia」より引用

 いかがだろう。深海魚の出現から地震発生までのタイムラグや、出現地と震源の距離はどの程度まで許容できるのかという点は、たしかに非常に悩ましい問題ではある。今回は対象データから除いたが、現実には地震発生の2~3カ月前に前兆と思しき深海魚の出現事例もあるのだ。

 たとえば、1968年8月6日に発生した愛媛県宇和島沖の地震(M6.6)では、3カ月前に宇和島市の浅瀬でリュウグウノツカイが捕獲されている。さらに、その1カ月前にも震源近くの愛媛県八幡浜の浅瀬でリュウグウノツカイが捕獲された。このケースのように、地震の規模が大きな場合、あるいは震源からごく近い場所では、4カ月も前から深海魚が出現する可能性まで考えなければならない。これまでの筆者の研究では、陸上の動物よりも地中や深海に棲む動物の方が、大地震の前兆に早く(数カ月前)から反応することが多いようなのだ。東海大の研究は、1カ月以内という短い範囲内で収集したデータであるため、その点が否定的結果につながった一因かもしれない。

コメント

5:匿名嶋田正廣 2017年12月6日 18:24 | 返信

首都圏で電車を利用される人々に、貴男が電車に乗ってる時に首都直下地震M7クラスが発生するとどういう状況に成るか考えて下さい、事前に電車を停止できる地震予知システムが有り、安倍総理大臣の決断に掛かっています。日本国特許・近距離直下型地震予知システムで(株)リオンの低周波音レベル計セットを首都圏と南関東に設置して前震を計測記録して、事前に音圧デシベルの急激な上昇を計測記録していれば、人類史上初めての計測機器による地震予知の成功に成ります、未来永劫この地震予知システムは使用可能で、ペルーのヤナチャガチェミレン国立公園で地震発生前に逃げ出した野生動物と同じ様に、東京都民も首都直下地震発生前に避難できます、嘘か誠かインチキか、来年中に計測機器を設置してテスト・試験運用すれば事の成否は判明します、3~4年有れば事の成否は判明しますよ、それでも地震予知はインチキで計測機器の試験運用は不要ですか?
アメリカでも遅ればせながら巨大地震発生前に地下岩盤から音が出る事は認められましたよ。

4:嶋田正廣 2017年11月21日 18:42 | 返信

深海魚は地下の熱移動で起きた低周波振動の音響効果に依り発生した振動音で恐怖を感じ、音を体感した地点から浮上して流されます。海底の低周波音が計測出来る時期が来たら証明されると考えます。地震予知も地下の低周波振動音を計測記録して、急激にデシベルの上昇を記録した時点で、後何日後に地震が起きるとの予測も可能です。日本国特許・近距離直下型地震予知システムの基本的考えも、アメリカでニューズウイーク、2017年10月25日でのケンブリッジ大学のコリン・ハンフリーズ氏の実験結果で証明されたそうです、巨大地震発生前に地下岩盤から音が・1週間程度前に発生するとの報告ですが、日本では実用段階にあると考えています、安倍首相サイドからのオファーも頂き、首都直下地震予知は安倍首相の決断に掛かっています。

3:匿名嶋田正廣 2017年9月23日 02:39 | 返信

数多くのデータを収集掲載されて敬服致します、私見として深海魚は海底の低周波振動に恐怖を感じて浮上すると考えます、2014年九州北部と山口県で数多くの深海魚が浮上している時期に、阿蘇山の噴火と熊本地震が起きる事を時期は特定できませんが予測していました。急激な地下の熱移動が起きると海底で低周波振動の音響効果で低周波振動音が発生し、深海魚が死の恐怖で浮上します音源から逃げる為に浮上します、地震と火山噴火が原因に成ります、計測機器で計測できる時代が来ると証明されます、距離はあまり関係ありません熱移動のライン上で起きます、根拠は地球上に瀬戸内海と阿蘇カルデラ・姶良カルデラ・鬼界カルデラが存在する事実です。海側プレートが沈み込む他の地域では全て3000メーター以上の山脈に成っています。現在地震予知は計測機器の低周波振動音の増減で実現できます、フェイスブックの嶋田正廣のタイムラインをご覧ください。

2:匿名 2017年8月11日 00:28 | 返信

コジツケのアホ。
あのな、ハッキリ言うぞ。
俺はオカルトとか大好きだからな。
それでもコジツケとオカルトはハッキリ分けられる。
そういうところわからないんだろうなあ・・・・・・・・

1:匿名 2017年8月10日 19:48 | 返信

やめとけって言ってやってるのに、前回に引き続きおじさん向け有名週刊誌の対抗記事かよ。
記事の中にも矛盾点があるぞ。
訂正しておきなさい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。