ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

■アルツハイマー病のリスクも

ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)の画像4画像は「Medical News Daily」より引用

 これまで、あらゆる種類のテレビゲームは脳機能の向上や短期記憶の増強に寄与すると考えられてきたが、今回の研究により、少なくとも暴力的なシューティングゲームに関しては、脳に悪影響を与えている可能性が示唆されたと言えるだろう。

 海馬は空間記憶を司る脳の部位で、過去の経験を想起する際に極めて重要な役割を担っている。そのため、複雑な交通網を暗記し、日々思い起こしているロンドンのタクシードライバーは、海馬のサイズが通常よりも大きいと言われている。研究者らによると、海馬が縮小すると、うつ病、PTSD、アルツハイマー病といった脳疾患のリスクが高まるとのことだ。

ゲーム脳の最終形態「FPS脳」がヤバすぎる! 脳が縮み、うつ病・PTSD・アルツハイマー病リスクを爆アゲ!(最新研究)の画像5画像は「Thinkstock」より引用

 一方、英・オックスフォード大学のアンドリュー・プシビルスキ教授は、同研究が統計学的に不十分であると指摘、小さいスケールの結果から推測された“騒々しい研究”であり、読者をミスリードする、極めて問題のある研究だと批判している。いずれにしろ、今回の研究を皮切りに、さらなる研究が世界中で行われることだろう。果たして「ゲーム脳」は本当なのか? 今後の研究に期待しよう。
(編集部)


参考:「Daily Mail」、「Medical News Daily」、ほか

コメント

5:匿名 2018年7月1日 12:12 | 返信

敵殺ゲームを繰り返して攻撃性を高める人もいれば、
ストレス発散してスッキリおとなしくなる人もいるだろうに、
ゲーム→悪影響って一律に思想誘導てか洗脳する、こういう記事のほうが害悪としか。

グルメでも酒でもタバコでもパチンコでもテレビでもなんでも、
「やりすぎは良くない」
でオワリの話だろー。

4:匿名 2018年5月10日 12:56 | 返信

>> 3

ファーストパーソン・シューティングゲーム(First-person shooter)だなw

3:匿名 2018年3月4日 16:03 | 返信

FPSを『ファースト・プレイヤー・シューター』って書いてる時点で糞記事(笑)

2:匿名 2017年9月21日 23:29 | 返信

他人に罵倒されたりで敵意を向けられると一部脳の働きが悪くなると聞いた覚えがある。
もしFPSプレイ中の脳がゲームの出来事を本物の人間に銃を向けられたと誤認してしまったなら敵意を向けられた時と同じような影響があるかもしれないし「FPSを行うと海馬が縮小する」ということもありうるのかも。

1:匿名 2017年9月21日 23:26 | 返信

他人に罵倒されたりで敵意を向けられると一部脳の働きが悪くなると聞いた覚えがある。
もしFPSプレイ中の脳がゲームの出来事を本物の人間に銃を向けられたと誤認してしまったなら敵意を向けられた時と同じような影響があるかもしれないし「FPSを行うと海馬が縮小する」ということもありうるのかも。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。