恫喝、ヤラセ、ワープ…「24時間テレビ」放送事故レベルの事件簿6選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

●笑い飯・哲夫

 2014年の「朝まで生しゃべくり007」というコーナーでは、笑い飯・哲夫が坂上忍に対し、必要以上に食って掛かったのが話題になった。問題のシーンは笑い飯が上方漫才大賞を受賞した際の会見で哲夫が「(坂上は)テレビに出すぎだ」と発言したことを耳にした坂上が、彼に問い詰めるという流れから始まった。おそらく、ディレクターは哲夫がしどろもどろになる表情を見せたかったのではないか。しかし哲夫は「俳優なのにバラエティ番組に出過ぎ」、「バラエティ番組に出たい芸人はたくさんいる」、「俳優としての坂上さんを見たい。バラエティを芸人に譲っていただきたい」と坂上を責め立て、スタジオの空気を凍りつかせたのである。最終的には、坂上が「僕は笑い飯のファンだったんですよ」の一言でなんとかその場を締めたが、観ている側にはどこか居心地の悪さを感じさせた。

●ダチョウ倶楽部

 バラエティコーナーではこんなこともあった。2007年のときのこと。熱湯コマーシャルのコーナーでダチョウ倶楽部が一連のリアクションを見せた後、小島よしおがおもむろに浴槽に入り「でも、そんなの関係ねー」と熱い素振りを全く見せずにギャグをやって見せたのだ。ガヤ芸人からは「それ熱湯だから」と指摘が入り、司会の爆笑問題・太田光は「熱いという前提が壊れちゃったよ」とボソリ。何十年もかけて作り上げられた芸がブレイクしたての芸人に一瞬にしてつぶされてしまったシーンだった。

『24時間テレビ』は生放送とはいえ、何百人ものスタッフが関わり、半年近く前から準備を始めている。懸命に作られた筋書きを壊されたら、スタッフもたまったものではないだろう。ちなみに番組ではその筋書きが命と言えるドラマでさえも放送直前に壊されてしまったことがある。

●高畑裕太

 2016年のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」に出演予定だった高畑裕太が放送4日前に大きな事件を起こしてしまった。そのため、スタッフはタイトなスケジュールな中、代役にNEWS・小山慶一郎を立て、なんとか作品を作り上げた。これは称賛に値する事例だと思う。
(文=加藤宏和)

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年8月16日 12:21 | 返信

盲目の〜の代役は小山くんじゃなくて加藤くんでは?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。