核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 北朝鮮がミサイルを米領グアムに向け発射する計画を発表したことを受け、グアムで核攻撃に備えたマニュアルが市民に公開された。その中に、思いも寄らない意外な注意事項が記載されており、大きな話題となっている。


■被曝後にコンディショナーを使うとヤバイ!

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開の画像2画像は「BigThink」より引用

 北朝鮮からミサイルが発射された場合、すぐさま韓国に配備されているTHAAD、日本海に展開しているイージス艦、日本に配備されているPAC3から迎撃ミサイルが発射され、かなりの確率で撃墜されるものと想定されているが、グアムに着弾、深刻な核汚染を引き起こす可能性もゼロではない。

「グアム災害・緊急時対策室」が公開したマニュアル「FACT SHEET」によると、ミサイルが着弾した場合、まず何よりも屋内への退避が推奨されているが、屋外で被曝した場合の11項目からなるマニュアルも用意されている。いくつかご紹介しよう。

・失明の恐れがあるため、爆発を直視しない
・遮蔽物の裏に隠れる
・放射性物質の拡散を防ぐため、すぐに衣服を脱ぎ、ビニール袋で密閉し、人や動物から離れた場所に廃棄する
・可能であれば、大量の洗剤と水で体に付着した放射性物質を洗い流す。ただし、こすったり、引っ掻いたりしてはいけない
・シャンプー、石鹸、あるいは水で髪の毛を洗い流す。ただし、コンディショナーを使用してはいけない

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開の画像3画像は「Chicago Tribune」より引用

 おおむね賛同できる内容だが、1つ首をかしげたくなる注意書きがある。なぜ「コンディショナーを使用してはいけない」のだろうか? ちなみに、米政府の災害マニュアル「Ready.gov」でも、被曝後のコンディショナーの使用が禁じられている。緊急事態に髪の毛のキューティクルを気にする暇があるかどうか分からないが、普段の癖で、洗髪後にコンディショナーを使ってしまうことはあるかもしれない。だが、それがどうして問題なのだろうか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ