核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開

■ローション、化粧水もNG

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開の画像4画像は「BigThink」より引用

 科学系ニュース「Science Alert」(8月16日付)によると、シャンプーや石鹸は肌や髪に付着した物質を“洗い流す”作用があるのに対し、コンディショナーには「カチオン活性剤」と呼ばれる化合物やポリマーが含まれており、これらが糊のように働くことで、放射性物質が髪にくっつき、キューティクルに入り込んでしまうという。髪の毛に入り込んだ放射性物質からの外部被曝を避けるため、コンディショナーは使用してはいけないということのようだ。ここでは言及されていないが、コンディショナーとほぼ同様の効果があるリンス、トリートメント、リンスインシャンプーの使用も控えるべきだろう。

 さらに、化学者ペリー・ロマノフスキー氏によると、同様の理由で、被曝後のスキンローション、保湿化粧水、オイルを含んだ化粧品の使用は避けるべきとのことだ。これらを肌に使用すると、空気中の放射性物質をひきつける可能性があるという。

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開の画像5画像は「BigThink」より引用

 北朝鮮は現在もミサイルの発射体制を崩しておらず、今月21日の米韓合同軍事演習に合わせて、大きな動きがあるといわれている。着弾予定地はグアム沖であるが、日本列島を通過するため、我々も油断できない状況だ。今一度、日本政府が公開している「内閣官房国民保護ポータルサイト」で、ミサイル着弾時の行動マニュアルを確認しておいた方が良いかもしれない。ただし残念なことに、こちらには核爆発時にコンディショナーの使用を禁じる項目は存在しないようだ。

参考:「Science Alert」、「Guam Homeland Security Offiece of Civil Defense」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

核戦争が起きたら「ヘアコンディショナー」を絶対に使用してはいけないことが判明! 北朝鮮ミサイルの標的グアムが「11のマニュアル」公開のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル