「連れて行かれた赤ん坊」闇病院に勤務していた元ナースが激白、四肢欠損幽霊の無垢な誘い

関連キーワード:

,

,

 元ナースの激白「その日は出産予定が2件入っていました。一組は、スタイリスト風の30代女性とデザイナーのいかにも都会的な夫婦。なかなか子宝に恵まれずやっとできた子どもだったということです。妊娠中毒症になっていたこともあり、少し早めに帝王切開で産むことになっていました。こちらの夫婦のどもは午前中に出産、五体満足でとても元気な男の子を出産しました。

 もう一組は、わざわざ福井県から、お姑さんとお嫁さんで来院してきていました。私はデザイナー夫婦の出産に立ち会っていたので、こちらは伝聞です。田舎の病院では詳しく検査ができなかったのか、田舎での体裁を考えて都会に来たのか…、ほぼ臨月で来院してきたといいます。エコー検査をすると、手足がない先天性四肢欠損症との診断。この病気でも元気いっぱいに生きている方もたくさんいますが、そのお姑さんは「そんな子を田舎に連れて帰ったら恥だから、始末してほしい」と。こちらはほぼ正午過ぎに出産したそうです。生まれた赤ちゃんは女の子。やはり手足がなく、お姑さんの希望を汲んで、出産後に放置し、そのまま亡くなったということです。

 一方私は、デザイナー夫婦の出産後他の雑務をしていました。休憩を取るため休憩室へと移動している時、チラッと見えたベビーベッドに白い布がかけられていたのを確認し、「あの福井の赤ちゃんかな…」と思いながら移動しました。

 休憩室へ到着すると、他の看護師から緊急電話が。「帝王切開の赤ちゃんがステった!」と。「ステる」は看護師用語で死ぬということです。医学用語は基本的にドイツ語でして、ステルベン=死ぬということです。

「連れて行かれた赤ん坊」闇病院に勤務していた元ナースが激白、四肢欠損幽霊の無垢な誘いの画像2
 
 行ってみると赤ちゃんの死体が2つありました。帝王切開で生まれた元気な男の子がなぜ死んだのかは原因不明。医者がデザイナー夫婦に「原因を特定するには、脳を調べたり、皮を剥いだり、内臓を取り出したりと、色々としなくてはならない。そこまでするのは、かわいそうではないですか?」と執拗に説明すると、夫婦は「そんなことをしても生き返らないから結構です」と納得していました。医療ミスの可能性を探られないことを確信した病院側はホッとしていたように思います。うちの病院は、グレーゾーンというか完全にブラックな病院で、ひとつでも医療ミスが発覚してしまうと、過去のいくつもの闇が明るみに出ないとも限らないような場所でしたからね。

 で、結局原因は分からず。

 でも、医者やベテランナースたち、そして、私も確信しています。「あー、連れて行かれたな」と。

 患者さん同士の年齢や境遇が近かったり、苗字や名前が一緒だったり、大の仲良しだったりなど、何か共通点がある場合、1人の患者さんが亡くなると、まるで道連れのように他の患者さんが亡くなることって結構あるんです。

 どこの病院もでしょうが、この病院でも中絶・出産後に数々の胎児や赤ちゃんが亡くなっています。霊が見えるというベテランナースが言うには「生まれた赤ちゃん同様、赤ちゃんの霊も純真無垢。純真無垢がゆえに怖いんだよ。四肢欠損症の子は女の子だった。だから、四肢欠損症の子が『つまらないから、一緒に行こうよー』と誘ったんじゃないのかなー? 悪意はなくて、純真無垢な誘いで」と言ってました。胎児も死んだら、霊になるということですよ。

 本当かどうかは分かりませんが、妙に納得してしまいましたね」

文=文文

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

「連れて行かれた赤ん坊」闇病院に勤務していた元ナースが激白、四肢欠損幽霊の無垢な誘いのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル