KFCはボッチ向け食品、BOSSは陰キャ向け飲料であることが科学的に確定!! 孤独な人ほど顔面イラスト入りの商品を買う(最新研究)

関連キーワード:

,

,

,

,

■BOSS愛飲者もボッチ確定?

KFCはボッチ向け食品、BOSSは陰キャ向け飲料であることが科学的に確定!! 孤独な人ほど顔面イラスト入りの商品を買う(最新研究)の画像3画像は「Daily Mail」より引用

 続く2つ目の実験では、45の架空のワインラベルを製作。その絵の中に“人の顔”がどれだけはっきり確認できるか、被験者に7段階で評価させ、同時に親しみやすさや、ワインの個人的な好みを聞いた。結果は1回目の実験結果を裏付けるものとなったという。

「チャリティーや非営利団体は、この実験からコミュニティーに役立つ、重大な情報を見出すことができるでしょう」(コーンウェル博士)

 ケンタッキーのみならず、顔が印象的な商品ロゴは日本でも至る所で目にする。たとえば、パイプをくわえた紳士が印象的な缶コーヒーの「BOSS」、世界的なコーヒーチェーン「スターバックス」をはじめ、インスタントラーメンでお馴染みの「マルちゃん」、ポテトチップスの「プリングルス」、カールおじさんの「カール」、夏に欠かせない昔ながらの氷菓「ガリガリ君」、味付けフライ麺風スナック「ベビースターラーメン」、子どもの顔が印象的な「ビスコ」、ペロッと舌を出した国民的架空少女「ペコちゃん」、「トリスハイボール」、「午後の紅茶」などなど。飲食料以外では、石油類の販売を行っている「出光興産」、化学メーカー「花王」などのロゴに顔が描かれている。これらの商品を必要以上に買ってしまっている人は、知らず知らずのうちに孤独を抱えてしまっているのかもしれない。

(いないとは思うが)朝は気付けに缶コーヒーの「BOSS」を飲み、「花王」のシャンプーで頭を洗い、「出光」で給油して、「KFC」で昼食をとり、夜は「トリスハイボール」を飲みながら「マルちゃん正麺」を食べる人は、食生活の偏りはもとより、想像を絶する孤独を感じているのではないかと心配だ。
(編集部)

参考:「Daily Mail」、「Futurity」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ