芸能人不倫ゴシップの裏で“本当に泣いている人たち”とは? 誰も語らない、影の被害者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

ThinkstockPhotos-516211596.jpg

「過去にも不倫や浮気現場に送迎車を使ったケースは山ほどありますが、表沙汰になるたびに現場まで運転していたドライバーはほぼすべて解雇されています。『かわいそう』という見方もあるかもしれませんが、社会人として生きていく以上、なおかつタレントのイメージを守る責任がある以上、やはりこういう対応をせざるを得ないんです」(同)

 たしかに社会人として果たすべき責任もわからなくはないが、それを命じているのはタレント自身なのだ。たった一夜の快楽のために犠牲を強いられる新人マネージャーは気の毒といわざるを得ない。タレントはこうした影響もあることを念頭に、慎重な行動をとるべきだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年8月31日 04:24 | 返信

宮迫もマネージャーの事迄は考えてないだろう。とにかく女性と関係を持つ事で、頭が一杯だろう。一線を越えていないと言った為、不倫疑惑報道という扱いになっている。報道されて逆切れしているらしい。 不倫でなくても、デートに事務所の車で送迎してもらう芸能人がいる。ファンても呆れた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。