「顔写真からゲイを91%特定できるAI」が開発される! 人相で性的指向が丸裸にされる時代到来、“ゲイ顔”の特徴も判明!

関連キーワード:

,

,

,

,

「顔写真からゲイを91%特定できるAI」が開発される! 人相で性的指向が丸裸にされる時代到来、ゲイ顔の特徴も判明!の画像1画像は「The Guardian」より引用

 我々は、意識的にしろ、無意識的にしろ、ある人を見た時、その身体的特徴や仕草から“なんとなく同性愛者っぽい”という推測をしてしまいがちであるが、その精度はそれほど高くなく、往々にして“気のせい”の域を出ない。性指向という内面的な性質を外側から判断するには無理があるが、この度、なんと90%以上の精度で同性愛者を判別する人工知能が開発されたというのだ!


■AIが“顔写真だけから91%の精度で同性愛者を特定!

「顔写真からゲイを91%特定できるAI」が開発される! 人相で性的指向が丸裸にされる時代到来、ゲイ顔の特徴も判明!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 英高級紙「The Guardian」(9月8日付)によると、米・スタンフォード大学の研究者マイケル・コシンスキ氏らが、科学ジャーナル「Journal of Personality and Social Psychology」に掲載した論文で、あるアルゴリズムを学習したAIが、男性に関しては81%、女性に関しては74%の精度で同性愛者を見分けることができると公表、倫理上の大きな問題を呼んでいるという。

 コシンスキ氏らは、ディープニューラルネットワーク(多層のニューラルネットワークによる深層学習)を用い、米国のデートサイトに投稿された男女35000人の顔画像から顔面の特徴を抽出、そのビッグデータをもとにヴィジュアル解析を行った。

 その結果、同性愛者の男女は「男女の型にはまらない(gender-atypical)」特徴、つまり、同性愛者の男性は女性らしく、同性愛者の女性はむしろ男性らしいということが分かったという。ここまでは我々でも何となく予想がつくが、驚くべきことにAIは、同性愛者の男性は異性愛者の男性よりも顎が細く、鼻が長く、額が広いこと、同性愛者の女性は異性愛者の女性よりも顎が大きく、額が小さいことを突き止めたというのだ。

「顔写真からゲイを91%特定できるAI」が開発される! 人相で性的指向が丸裸にされる時代到来、ゲイ顔の特徴も判明!の画像3左がストレート、右が同性愛の男女の平均顔「Tech Crunch」より引用

 そして、その特徴をもとに、男女の性指向を推測させたところ、男性では91%、女性では83%の精度で同性愛者を特定することができたという。生身の人間が他人の顔画像だけから性指向を特定した場合、その精度は男性では61%、女性では54%ほどだったというから、AIの驚異的な精度の高さがお分かりになるだろう。研究者らはこの結果を「脳が知覚し、解釈する以上の性指向に関する情報が人間の顔には含まれている」と分析、また、同性愛者は同性愛者として産まれること、つまり、性指向が誕生前に特定のホルモンに曝されることで先天的に決定するという学説を強力に支持するものであると語っている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ