乃木坂46のバイトが次々辞める理由と、素人すぎる運営の裏側に愕然! 握手奴隷となったメンバーも…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 熱狂的なファンがマネージャーになることもあり得ると思うのだが。

「基本的にはメンバーと接するマネージャーのバイトは女性限定で採用をしているようですが、そもそも女性だから安心だと言えるはずもなく、何の責任もないバイトにマネージメントを任せているのが素人運営と言われる所以ですね」(芸能関係者談)

 メンバーたちも振り回され続けているようだ。

「メディアともしっかりと付き合えないマネージャーも多く、発足時からマネージメントを統括するKというソニー社員と、もう1人ソニーからの出向の女性社員だけが仕事の依頼を受けるかどうかを判断している。意思決定も遅く、結果として仕事を依頼しても無視されるケースが多く、他のグループと比較してもライブやイベントへのマスコミの出席率が日に日に少なくなっている。

また、一部のメンバー以外にはほとんど仕事がなく、劇場も持たない乃木坂46では1カ月間仕事なしで握手会のみ、という初期メンバーもいる。通常ならばマネージャーが仕事を取ってくるのですが、現場マネージャーにはその権限がなく、また社員マネージャーも白石麻衣や松村沙友理など一部の人気メンバーを贔屓しているため仕事がまわらない状況です。そんな中で、握手会で『もっと仕事をして』とファンにお願いされ、心を病むメンバーが出てているなんていう話も」(週刊誌記者談)

 まさに握手奴隷な現状なのだが、素人がこのまま運営を続ける限り、好調と言われる乃木坂46もAKB48のように人気が急落する日は近いだろう。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。