火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!

火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像1画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」に“最後の投稿”が書き込まれたのは5月12日のことだった。偉大なUFO研究家の唐突の引退宣言に世界中が悲しみに包まれたが、なんと今月に入りこっそりと更新が再開されていたのだ。気になる再開理由は、ただ「多くの読者に戻ってくるよう言われたので、たまに投稿することにました」と簡単に触れられているだけで、詳しく語られていないが、いずれにしろウェアリング氏のカムバックを心から歓迎したい。

 さて、今回ご紹介するのは、記念すべき更新再開第一号の記事でもある「クラゲ型火星人」だ。ウェアリング氏によると、火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像を結合したパノラマ画像を眺めていたところ、30秒ほどで“それ”を発見したという。

 なにはともあれ、問題の画像をご覧頂こう。

火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用
火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像3画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 確かに奇妙なものが写り込んでいるようだ。一体これは何なのだろうか? 第一発見者であるウェアリング氏のコメントを見てみよう。

「クモに似たクラゲを見つけました。直立し、大きな2つの目が見えます。脚は何本もありますね。私が見る限り、少なくとも4本あり、地面に近づくにつれ透明になっています。全長は3~4インチ(約7~10cm)ほどしょう。卵型の頭をもち、体は1インチ(約2.5cm)ほどの厚み、2インチ(約5cm)ほどの幅です」

 ウェアリング氏はボディの透明感からクラゲと断言しているが、形に注目すれば火星タコといった趣きではないだろうか? 火星人といえばタコをモチーフにした奇怪な生物が描かれるのが常であるが、もしかしたら、かなり正確な描写だったのかもしれない。

 ネガ写真では、さらにはっきりと頭、目、脚が確認できる。

火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像4画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 また記事の最後でウェアリング氏が意味深な発言をしている。

「あなたはこう考えることでしょう。NASAは何年も火星を探索した後、少なくとも1つの火星生物を明らかにするのだろうと……こう考えるでしょうね」

 ウェアリング氏を長年ウォッチしてきたトカナ編集部は、この発言の裏に彼の揺るぎのない確信を見て取ることができる。つまり、火星には大小さまざまな異なる種の生命体が数多く生息しているが、NASAはそのことを絶対に公表しない、ということである。NASAは絶対に認めることはないが、火星画像の中にヒューマノイド、体育座りする人、火星軍兵士、巨大ネズミ、トカゲ、カニなどなど、数え切れないほど多くの生物種が存在する証拠が写り込んでいることは、これまでトカナでもご紹介してきた通りだ。

 火星には未だ明らかにされていない真実がゴロゴロ転がっていると考えた方がいいだろう。NASAが秘匿を続けるなか、貴重な火星の真実を伝えてくれるウェアリング氏の復活は何よりも心強い。今後も驚愕の発見が報じられることを期待しよう。

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル