関ジャニ・村上信五の実力に現場が疑問符「リアルな評価としては…」

関連キーワード:

,

,

関ジャニ・村上信五の実力に現場が疑問符「リアルな評価としては…」の画像1

 ここ最近、その評価がうなぎ登りといわれるのが関ジャニ∞の村上信五だ。トークスキルが高いのは以前から知られていたが、最近は『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)でもビートたけしと並んで司会業をこなすなど、MCとしての評価が高まっている。

 しかし、そんな評価に疑問符をつける関係者も実は多いと聞きつけた。

「たしかに村上さんはトークも司会も上手です。しかし、それは『あくまでもジャニーズタレントの中で見た場合』というレベルでの話です。司会者全体で見た場合には、まだまだですよ」(テレビ業界関係者)

 随分と厳しい意見だが、実際このように考えている関係者は多いという。

「村上さんレベルの司会は、お笑い芸人であれば中堅や若手レベルのコンビでも同じクオリティが期待できます。そのため、やはりジャニーズやアイドルというくくりで見れば上手なほうに入りますが、業界全体で見ればそこまで持ち上げられる人ではありません」(放送作家)

 たしかに、そう言われるとそうなのかもしれない。

「ジャニーズで司会が上手な人としては中居正広さんがいますが、中居さんを100点とした場合、村上さんはまだ20点や30点の点数しか付けられません。先日の『27時間テレビ』でも村上さんはたけしさんのコメントに笑っているだけで、細かいコメントをスルーする場面も目立ちました。共演していた高島彩さんがそれを拾っていたので、司会業としては彼女のほうがうわてですね」(同)

 中居正広や高島彩など、第一線で活躍するMC陣に比べるとまだまだというのが業界内における共通した認識のようだ。

 しかし、期待する声もあるのが事実だ。

「今はまだまだですが、ジャニーズタレントの中ではトークスキルが特に高く、場を回すのが上手なのも事実です。そのため、第二の中居正広になる可能性は大いにあるので、今後には期待したいですね」(番組関係者)

 今ある高評価を受けて調子に乗ったりせず、着実にスキルを身につけて司会業を極めてほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ