現在の地球は100%自然物ではない“ハイブリッド惑星”、地質年代は「人新世」に突入! 地球文明のレベルが激変中(大学研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■地球文明は“クラス5”に入ったばかり

hybridplanet2.JPG 画像は「Wikipedia」より

 昨年、地質学の世界では地質年代的に現在は「完新世」が終わり、「人新世(じんしんせい)」に突入しているとする主張がなされて話題を呼んだ。その主張の根拠は、今という時代は地質学的に見ても、大量のマイクロプラスチックや核実験による放射性降下物など、人工的な素材が混入しているからであるという。こうした痕跡は半永久的に残り、後の時代の人々から見ても時代を表す特色になるのである。

 そしてこの人新世という時代区分の観点から、新たな“文明の尺度”を提唱しているのが、米・ワシントン大学の生態学者であるマリナ・アルベルティ氏の研究チームだ。この新たな尺度に基づけば、現在の地球は100%自然物ではない“ハイブリッド惑星”になるというから興味深い。

「カルダシェフの尺度」が太陽(恒星)光の利用効率のみを尺度ににしているのに対し、アルベルティ氏らの新たな尺度では、太陽光だけでなく風力や水力なども加えた環境発電による生態学的な観点からの尺度であるということだ。

「カルダシェフの尺度は、技術的制約のない地球外文明を考える上において、特定の時期に生まれたもので、太陽光エネルギー消費だけに焦点を当てています」と研究チームは言及している。彼らによれば「カルダシェフの尺度」は、『スタートレック』に代表されるような1960年代のSFブームの“副産物”であるというからやや手厳しい。

class5_2.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 彼らの新たな文明の尺度は、その生態圏の条件と知的生命体の主体性がどの程度支配的であるのかの度合いにおいて、惑星を5つのステージに分類している。

・ クラス1:大気がない世界。例えば水星。

・ クラス2:希薄な大気に覆われた世界。例えば火星。

・ クラス3:わずかな生態圏と有機的生命が存在している世界。しかしこの生命は進化に向かう術を知らない。

・ クラス4:生命体が惑星レベルで変化を起こしはじめた繁栄する生態圏を持つ世界。地球はこのクラス4を脱したばかりであるということだ。

・ クラス5:知的生命体が資源を活用する世界で「人新世」に合致する。惑星そのものが開発されることで“ハイブリッド惑星”になる。そして将来の地球はエネルギーを搾取する我々人間によって深刻なダメージを受ける可能性がある。

「資源を活用する技術を持った文明には(滅亡に近づくという)悲観的な見解もありますが、宇宙の歴史の中で多くのクラス5惑星が存在している可能性が高いのです」(研究論文より)

 この新たな文明の尺度でも、我々のようなレベルの文明は宇宙の中にいくつもあり、またかつてあったことが指摘されることになった。はたしてこの先、地球が破壊され尽くして文明が滅亡するのか、それとも文明がクラス5を脱して宇宙に旅立つことができるのか、どちらに進むのかの決断が今まさに人類に突きつけられているのだろう。
(文=仲田しんじ)


参考:「Science Alert」、ほか

コメント

1:匿名 2017年9月26日 17:07 | 返信

基地外シンジ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。