米・イエローストーンの破局噴火が迫っている!? 火山灰が降り注ぎ、全地球が氷河期突入、人類滅亡へのカウントダウンが始まった!

米・イエローストーンの破局噴火が迫っている!? 火山灰が降り注ぎ、全地球が氷河期突入、人類滅亡へのカウントダウンが始まった!の画像1画像は「Daily Star Sunday」より引用

 巨大な間欠泉などで観光地としても人気が高い米国中部のイエローストーン国立公園では、この数カ月ほど7000キロ四方くらいの地域で小規模な地震が続いている。そして今、ついに科学者たちの間で「破局噴火」を懸念する声が上がってきた。たとえ噴火しても日本には影響がないと思われるかもしれないが、それは大きな間違いだ。なんと、破局噴火は地球に10年間にわたるミニ氷河期をもたらし、人類の存続さえ危ぶまれる事態もあり得るというのだ。


■破局噴火の恐怖とは?

 アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがるイエローストーン国立公園では、6月12日に群発地震が始まり(最大M4)、その回数は8月の時点で1500回を超えている。同国立公園は北米最大の火山地帯に位置し、地下には世界最大のマグマ溜まりがあるといわれる。

米・イエローストーンの破局噴火が迫っている!? 火山灰が降り注ぎ、全地球が氷河期突入、人類滅亡へのカウントダウンが始まった!の画像2画像は「Newsweek」より引用

 過去を紐解くと、この巨大火山では約210万年前、約130万年前、約64万年前と、3度の超巨大噴火が起きている。地下のマグマが一気に噴出する壊滅的な噴火形式を火山学用語で「ウルトラプリニー式噴火」というが、日本では「カルデラ噴火」あるいは特別巨大なカルデラ噴火のことを「破局噴火」と呼ぶ。イエローストーンにおける過去3回の噴火は、規模からして破局噴火と呼ぶにふさわしいものだった。

 破局噴火の恐怖については過去に何度か紹介したが、たとえば九州で破局噴火が起きると日本が滅亡する可能性さえ生じてくる。それは通常とは比較にならないくらい大規模な噴火で、もしもイエローストーンが噴火すると、なんと雲仙普賢岳の1千万倍の威力という想像を絶する大噴火となる。噴出した溶岩によって全米の半分以上が覆われ、9万人が命を落とすと見積もられている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ