【ガチ】遂に「ピラミッドの石材運搬方法」が完全解明される! 4500年前に書かれた日記の衝撃内容が決定打に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■建設会社社長が提唱する「ウォーター・シャフト理論」

【ガチ】遂に「ピラミッドの石材運搬方法」が完全解明される! 4500年前に書かれた日記の衝撃内容が決定打に!の画像4画像は「nzherald」より引用

 だが、以前トカナでもご紹介した、英国アッシュボーンの建設会社社長クリス・マッシー氏が提唱する「ウォーター・シャフト理論」であれば、その謎もナイル川の利用から解明できる。

 従来の説では、ピラミッドに石材を積み上げるにあたって、日乾し煉瓦と土などで作業用の傾斜路が作られ、その斜面をソリで運び上げられたとする「傾斜路説」や、地面に並べた丸太の上で石材を運搬したとする「ローラー説」が有力だったが、マッシー氏によると、これらの方法は現実的に不可能であり、現場目線に立って現実的に可能な方法はナイル川の利用しかないというのである。

 具体的には、当時、ワインや水などの容器として使われていた動物の皮を空気で膨らませれば浮力材になる。それらを浮力のあるパピルスとともに石材にくくりつつければ、労力をそれほど使わずナイル川にそって材料を運ぶことができるというわけだ。

 今回研究者らが答えられなかった巨石の積み上げに関しても、「水路トンネル」と「水門式の扉」で水流を調整することで、浮力を使ってピラミッドの上部まで石材を運ぶことができるとし、自ら行った実験動画も公開している。

 この度、水路の存在が明らかになったことで、これまであまり省みられることがなかった「ウォーター・シャフト理論」が一気に現実味を帯びてきたといえるだろう。ピラミッドの謎が明らかにされる日もそう遠くないかもしれない。今後の研究にさらに期待したい。
(編集部)


参考:「Ancient Code」、「Newsweek」、ほか

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年7月21日 13:36 | 返信

巨石運搬とか日本にも古墳時代には既にあったけどけね
大阪城の140tの石は小豆島から船で運んだって
巨人とか宇宙人説にしたがるアホが多くて笑える

3:匿名 2017年9月28日 23:21 | 返信

トカナの説は、「巨人に建造させた」だと思っていた。
じゃあ、巨人説は撤回するってことだね。

2:匿名 2017年9月28日 11:06 | 返信

「どうやって積んだか」が知りたい部分じゃないか。
巨石を正確に隙間なく、定規で引いたように角度も揃えてを真っ直ぐ並べて積み上げた方法が判ったらそりゃあ驚くけどさ、
そこが書いてないんじゃ話題にならないよ。

1:匿名 2017年9月27日 23:25 | 返信

ナイル川を浮力を使って運搬してただろうと昔から言われてた説が、日記で確定したってことだよね?

この運搬方法は、何十年も前から言われてた事だから、そんなに興奮しないな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。