【北朝鮮ミサイル】10月10日Xデー、米国が自作自演で民間被害者を仕込み中か! 関係者が徹底解説「来年早々の軍事衝突はあり得る」

関連キーワード:

,

,

,

,

 それともう一つ、北朝鮮危機の陰でトランプ政権の支持母体であるユダヤ系米国軍産複合体による武器ビジネスの活況があるという。それは、こういうことだ。危機を煽れば煽るほど米国製武器が売れる。

「この危機を受けて日本政府はミサイル迎撃システムであるイージスアショア(1機約800億円)2機を購入することを決定した。そして、先日、トランプ大統領は「これから同盟国に武器を売却する」と明言している。ということは、北朝鮮危機は、日米朝の政府にとって利益になっているともいえる。水爆実験が本当に行われれば、軍事衝突が現実味を増すが、それもこれもすべてフェイクだとすると、最終的に、「国民の税金が米国の高額な武器購入に充てられ、米国の言い値で大量に購入させられただけ」という状況になりかねません」

 それはそれで恐ろしい。実は、米朝は水面下で話し合いがついていて、実際、危機なんていうのは存在しなかったというのは、あまりに日本国民を馬鹿にしているということになりはしないか。日本政府は、事実をしっかり見極め、国防を強化しつつ、国富の無駄な流出も防がなければならないだろう。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ