牛乳にカエル投入、トウモロコシの芯で肛門を…!? 科学技術の発達前、人間が行っていた奇妙すぎる行動5選

 科学技術の発達により、日々の生活はますます便利になってきている。冷蔵庫やパソコンといった家電製品から、古くはトイレットペーパーなどの日用品まで、日常生活を送る上で欠かせないものばかり。しかし技術が進歩する以前の人は、一体どんな生活を送っていたのだろうか? 今回は科学技術が進歩する以前の人間が行っていた、奇妙な行動5選を紹介しよう。


■カエルを牛乳にドボン!

牛乳にカエル投入、トウモロコシの芯で肛門を…!? 科学技術の発達前、人間が行っていた奇妙すぎる行動5選の画像1画像は、「pikabu」より

 冷蔵庫のおかげで、生の野菜や肉を何日も保存することが可能になった。しかし冷蔵庫が発明される前は食品の長期保存が難しく、特に牛乳は常温保存だとすぐに腐ってしまっていた。そこで当時のロシア人は、生きたカエルを防腐剤代わりとして牛乳の中に入れていたという。バカげて聞こえる方法だが、カエルの皮膚を覆う抗菌ペプチドが牛乳の腐敗防止に役立ち、冷やさずとも長期間の保存を可能にしていた。カエルが持つ抗菌ペプチドの効果が解明されたのは、わずか5年前。先人の知恵は正しかったことが証明された。

 

■大便後はトウモロコシが大活躍

牛乳にカエル投入、トウモロコシの芯で肛門を…!? 科学技術の発達前、人間が行っていた奇妙すぎる行動5選の画像2画像は、「UTAHTRANSPLANT’S BLOG」より

 日々の生活において、トイレットペーパーはなくてはならない日用品の1つだが、意外なことに、キチンとしたトイレットペーパーは19世紀の終わり頃まで発明されていなかった。ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の植民地化が開始された当時は、当然のように柔らかいトイレットペーパーがあるはずもなく……。彼らは大便をした後のケツ周りの処理を、身の回りの物で済ませなくてはならなかった。そこで考えられたのは、大量に残ったトウモロコシの芯でケツを拭くという方法。現代では考えられない荒業だが、エコだといえるかもしれない。

 

■オネショで起床

牛乳にカエル投入、トウモロコシの芯で肛門を…!? 科学技術の発達前、人間が行っていた奇妙すぎる行動5選の画像3画像は、「Lifehack」より

 農場に暮らす人は鶏の鳴き声で朝の訪れを知り、町の住民は教会の鐘の音で目を覚ますなど、さまざまな目を覚ます術を持っていた。しかし教会を持たず鶏も飼育していなかったアメリカの先住民は、非常に斬新な方法で目を覚ましていたという。彼らは就寝前に可能な限りの水を飲み、膀胱がパンパンに膨れ上がった状態で就寝。そして夜明け前には、膀胱が破裂する感覚とともに“オネショ”によって起床していたとか。ちなみに、産業革命期の英国では「ノッカー・アッパー」と呼ばれる、依頼人を目覚めさせる職業も存在していた。

牛乳にカエル投入、トウモロコシの芯で肛門を…!? 科学技術の発達前、人間が行っていた奇妙すぎる行動5選のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで