ケシュ財団のフリーエネルギー装置「マグラブ」とは!? プラズマ、フィールド、ソウル… 臨床医と研究者が明かした“誰も触れない真実”に戦慄!

ケシュ財団のフリーエネルギー装置「マグラブ」とは!? プラズマ、フィールド、ソウル… 臨床医と研究者が明かした誰も触れない真実に戦慄!の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 昨今、「フリーエネルギー」(永久機関:エネルギーの補給なくしても永遠に動き続ける)という言葉をよく耳にする。 物理学における「エネルギー保存の原則」に従えば、入力よりも出力が大きいことや、無から有を作り出すことは、少なくとも地球上では“あり得ない”はずだった。


■ケシュ博士のマグラブ装置、その実態は!?

ケシュ財団のフリーエネルギー装置「マグラブ」とは!? プラズマ、フィールド、ソウル… 臨床医と研究者が明かした誰も触れない真実に戦慄!の画像2M・T・ケシュ博士 画像は「Keshe Foundation HomePage」より引用

 フリーエネルギーという言葉自体は以前から存在していたのだが、巷に出回り始めて注目を集めることになったキッカケは2015 年10月、ベルギー・ブリュッセル在住のイラン人、M・T・ケシュ博士によって創設されたケシュ財団が永久機関と主張する「マグラブ装置(MAGRAVS)」のブループリント(設計図)を全世界に向けて一般公開したことだろう。

 問題のマグラブ装置は、主にナノコーティングの上にガンズコーティング(GANS=GAs in Nano Solid state)が施された銅線で構成される。その銅線が空気中や周囲の電源環境、大地からプラズマを集め、それらをナノ層にあるナノ物質に渡すことでエネルギーを発生させるという。

 ところが、夢を打ち砕くようで申し訳ないが、実はケシュ博士自身はマグラブ装置について一言も「フリーエネルギー」とは語っていないのだ。同装置によって、日本では20~30%、海外では90%以上もの省エネが達成されることがあるという現象が報告されたため、「無から有が発生するエネルギーではないか」という噂が出回ったに過ぎないのである。そして、フリーエネルギーという魅力的な語句を悪用し、金儲けに利用しようとする業者も出現することになってしまった。では、本当のマグラブ装置の振る舞いとはどのようなものなのか、以下で詳しく理解していただこう。


■臨床医も大興奮、マグラブ装置の謎

 筆者の友人である臨床医U氏も、ケシュ博士が生み出したマグラブ装置の作り方をある研究者から教えられ、無事組み立てることに成功した人物の一人だ。以下、U氏が明かしてくれた“真実”である。

ケシュ財団のフリーエネルギー装置「マグラブ」とは!? プラズマ、フィールド、ソウル… 臨床医と研究者が明かした誰も触れない真実に戦慄!の画像3マグラブ装置 画像は「Keshe Foundation HomePage」より引用

「普通、電気を通さないものには、何をしても通らないと教わりますよね! でも、マグラブ装置にはもちろん電源なんか入れていないのに、テスターを使用するとまるで意志があるかのように反応するんですよ! この機械は、診察室の片隅に置いていますが、日によっては装置の少し上に、ゆらゆらと透明な波動が見えることがあります!」(ドクターU)

 ここまで断言されてしまうと、納得するどころか謎が深まったように思える。しかし、そこで筆者は思いついた。そう、日本でもケシュ財団のエネルギー技術について研究を行っている組織があるではないか。その一つが「Imimiフリーエネルギー研究所」(※)である。筆者は早速、同研究所所長でフリーエネルギー研究家の泉裕之氏に取材を試みた。

※ 「Imimiフリーエネルギー研究所」は、2017年10月より「IZUMI自然エネルギー研究所」へと名称変更されました。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ