奇習! 切除した幼女の性器を酒に漬け込んで…! 中国地方に実在した割礼儀式と万能薬「女酒」の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 中国地方

 イモリの黒焼きにマムシ酒、怪しげなキノコの乾物に野草茶と、世の中にはその効果はともかく、滋養強壮や健康長寿のための効果が含まれているとされる“謎の秘薬”が数多く存在しているが、かつて中国地方のとある沿岸地域で作られていたというその秘薬は、現代の我々からすれば、にわかに信じ難い材料が用いられていたという。


「なにぶん、古い話なもんで、私らの世代なんかも、作っているところは見たことがないんだけれどもね、大昔に作ったというものは実物を見たことがあるよ」


 かつて当地に秘薬として存在していたという薬種「女酒」についてそう証言するのは、古くから代々続く名主の家系であるという吉川道雄さん(仮名・78)。吉川さんの話によると、この「女酒」、その名が示す通り、女性の身体の一部を切り取り、アルコール度数の高い酒に漬け込んだものなのだという。


「割礼っていうのかな。大昔、ここいらじゃ女の子が生まれると、初めてのモノが来る頃にアソコの一部を切り取るっていう儀式があってね。そのときにね、切り取ったモノを焼酎みたいな酒に漬けて作るっていう話だね」

奇習! 切除した幼女の性器を酒に漬け込んで…! 中国地方に実在した割礼儀式と万能薬「女酒」の実態の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 世界的に見ても徐々にその数を減らしているという女児への割礼が、この日本でも長きに渡って続けられてきたということ自体驚くべきことであるが、挙げ句、その儀式の際に切除された女性器の一部を、マムシ酒よろしく酒に漬け込んで薬として扱うというのだから、まさに開いた口が塞がらない。


「一応はね、何にでも効く万能薬だっていう話なんだけれども、そんな不気味なもん、よっぽどのことがない限り、誰も口にしやしないよ(苦笑) もっとも、うちのばあさんなんかは、産後の肥立ちが悪いときに、その酒を一口啜ったら、すぐに良くなっただなんていう昔話をしていたもんだけれどもね」


 なお、後年、割礼の儀式そのものがなくなった時期あたりから、この「女酒」自体も注目されなくなり、いつしかその姿を見かけることもなくなってしまったというが、吉川さんの話によれば、かつて当地では、一升瓶ほどの大きさの容器に入れられたこの「女酒」を、各集落ごとに数本ずつ大切に保管していたという。無論、現時点で実物を手に入れることができないため、その効能について科学的な分析を行うことは極めて難しいが、世界的に見ても実に珍しいタイプの秘薬であるだけに、願わくば一度くらいは、その現物を拝見してみたいところだ。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

奇習! 切除した幼女の性器を酒に漬け込んで…! 中国地方に実在した割礼儀式と万能薬「女酒」の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル