「CIAにコントロールされた小池百合子の黒い未来」を政府関係者らが予想! “安倍一強”崩しもCIAの戦略、今後は石破と!?【希望の党】

関連キーワード:

,

,

 小池都知事による強風が吹くかに見えた今回の衆議院選。蓋を開けてみれば、民進党の分裂と小池氏の本性が露見しただけの呆れたスタートとなった。一瞬、「都議会議員選挙のような小池旋風が巻き起こるかもしれない!!」と期待した読者も多いのではないだろうか。それが、突如として風向きが変わった。その理由は一体なんだろうか。ある政府関係者は、一連の流れについて次のように解説した。

「CIAにコントロールされた小池百合子の黒い未来」を政府関係者らが予想! 安倍一強崩しもCIAの戦略、今後は石破と!?【希望の党】の画像1画像は日本の政治 CHANNEL「YouTube」より

「まず、小池さんは若狭議員を使って、『日本ファーストの会』という国政政党を立ち上げました。そこへ細野議員など、離党した民進党系議員が合流していく流れが加速していきます。細野議員の意地の悪さは、自身が先に単独で離党し、その後、自らに近い議員を一人づつ離党させ、合流させるという作戦をとったということです。この作戦は、離党ドミノを誘発させることと、話題を持続させるという効果があり、小池さんと練ったものだと考えられています。

 そして、最大の見せ場は、小池さんが新党の代表に就任した記者会見でした。この会見は、安倍政権もマスコミも小池さんは代表に就任しないとの情報を得ていたため、シナリオが大きく狂った瞬間でもあったのです。そこで、期待は大きく膨らみます。一方、前原さんは、小池さんと気脈を通じていましたから、民進党の離党ドミノと衆院選大敗を回避するため、小池人気に乗じて一気に勝負に出ました。この勝負は、当然、小池さんが衆院選に出馬することが前提でしたから、小池さんは暗に出馬する意向を前原さんに伝えていたのです。

 ところが、その流れが一気に変わったのが、小池さんが『排除、丸ごと受け入れる気はサラサラない』といった言葉を吐いて以降です。小池さんが本性を現したと国民が受けとってしまいました。

これが、順風が逆風に変わった瞬間でした。

 以後、小池さんは衆院選出馬に消極的になります。そして、トドメは小池さんが『100%出馬しない』と明言したことで、前原さんは完全に梯子を外された形となったのです。そして、民進党リベラル勢力が立憲民主党を立ち上げ、民進党は完全に分裂するという結果になりました。結局、前原さんは、二大政党制を実現するという理想を実現しょうと勝負に出たものの、小池さんに人材と選挙資金を持って行かれただけという結果になってしまいました。気の毒なのは、馬鹿正直な前原さんですね」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ