Jアラートが鳴るとテレビ局にクレームの嵐がくるって本当? 「NHKに任せておけ、民法は伝える必要ナシ」

関連キーワード:

,

,

Jアラートが鳴るとテレビ局にクレームの嵐がくるって本当? 「NHKに任せておけ、民法は伝える必要ナシ」の画像1

 北朝鮮のミサイルが日本上空を通過し、Jアラート(全国瞬時警報システム)が発令されるなど緊迫した事態が続いている。北朝鮮は今後もミサイルの発射実験を繰り返す可能性は高いとされ、国民の多くは不安を感じている。その一方で、テレビ局では少し違った問題が発生していると聞きつけた。

「ミサイル通過など国民保護の必要が生じると政府から関係機関にJアラートが発令されます。これはテレビ局も同じで、発令と同時に画面上に文字情報が表示されます。緊急地震速報と同じですべてに優先されるので、通常番組は即座に打ち切られます。しかし、これによってクレームがたくさん来るんです」(テレビ局関係者)

 Jアラート発令によってクレームとは驚きだが、どういうことなのか。

「番組が打ち切られる上にその後も報道特番に切り替わるので、レギュラー番組は相当な影響を受けます。そのため、通常の番組を楽しみにしていた視聴者からクレームが寄せられるのですが、特に民放には殺到している状況です」(同)

 民放はなぜクレームが多いのか。

「こういうニュースは『NHKに任せておけ』という意見が多く、民放まで伝える必要はないという苦情が多いんですよ。ただ、知っておいてほしいのは国民保護の事態が生じればテレビ局は指定公共機関なので、放送する義務を背負っています。放送する、しないをテレビ局が決めているわけではないんです」(同)

 たしかに政府の国民保護業務計画を見ると主要なテレビ局は指定公共機関に含まれている。ならば、テレビ局にクレームを寄せるのはお門違いというものだろう。

「また、Jアラートに関連する情報を放送することに理解を示している方々からもさまざまなクレームが来ます。『アナウンサーが落ち着いていない』とか、テレビ局によっては『Jアラートの発報から放送までのタイムラグがありすぎる』というクレームも来たと聞きます。どちらにしても苦情が多いので、連続してミサイルを発射するのは勘弁してほしいですね」(同)

 このようにJアラートが発令されればさまざまな苦情が殺到する事態となり、テレビ局からすればミサイルはもううんざりといった様子のようだ。

 何にせよ、国民の生活がこれ以上脅かされないことを祈るばかりだ。
(文=吉沢ひかる)

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ