北朝鮮が水爆実験すると10日後に“日本終了”が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】

北朝鮮が水爆実験すると10日後に日本終了が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 先月22日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は太平洋上での水爆実験の可能性に言及。それを受け、「包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)」が、太平洋上で核兵器が使用された場合の放射性物質の拡散を予想したシミュレーションを発表した。


■2週間で北半球が放射性物質の雲に包まれる

 英紙「The Telegraph」(29日付)などによると、CTBTOのラッシーナ・ゼルボ準備委員会事務局長が、自身のTwitter上に「同位体元素を潜在的に含む雲のラフなシミュレーション」を投稿。核爆発から2週間内の放射性物質の拡散状況が予想されている

 シミュレーションを見てみると、放射性物質を含んだ雲はゆっくりと米国に拡散、日本に到着するのは爆発からおよそ10日後のようだ。この頃には放射性物質は北半球を一周し、広範囲にわたって汚染が広がっている。CTBTOは放射性物質の拡散による被害には言及していないが、米「CNN」のニュースに出演した、世界的な理論物理学者であり未来学者のミチオ・カク氏の発言が1つのヒントになるだろう。

北朝鮮が水爆実験すると10日後に日本終了が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】の画像2画像は「YouTube」より引用

 カク氏は、1954年にアメリカ軍が太平洋上のビキニ環礁で行った水素爆弾実験に巻き込まれ被曝したマグロ漁船「第五福竜丸」に言及。同船員が急性放射線症を発症し、歯茎からの出血、脱毛、嘔吐感、皮膚損傷など「恐ろしい結果を招いた」ことを伝え、もし北朝鮮が太平洋上で核実験を行えば、民間人に同様の被害が出る恐れがあると警告している。

北朝鮮が水爆実験すると10日後に日本終了が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】の画像3キャッスル作戦・ブラボー(ビキニ環礁)「Wikipedia」より引用

「この漁船(第五福竜丸)がクルーズ船、あるいは海軍の軍艦だったらどうでしょう。国際的事件に発展する要素はいくらでもあるのです。それと、マーシャル諸島の人々のことも忘れてはいけません。米国の水爆実験に伴い島民は非難し、汚染された島に戻りました。そして2度目の避難時には、出生異常、がん、甲状腺異常の割合が顕著に上昇していたのです」(ミチオ・カク氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ