【衝撃】「大地震・洪水の連鎖が400年周期で起きる」国の調査で判明! 現在ガチでサイクル突入中、3つの危険地帯はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

400ys_4.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

■次はどこが危ないのか!?

 さて、前述の濱嶌良吉氏だが「地震では、中央構造線とその延長線上で1586年に天正地震(M7.9クラス)、1596年に慶長伏見地震(M7)が発生している。その後、1605年には南海トラフ地震のひとつである慶長地震(M7.9クラス)、1611年の会津地震(M6.9クラス)など、巨大地震が相次ぎました。地震が連鎖すれば被害ははるかに大きくなりますし、ここ数十年はあらゆるリスクが重なった時期にあるのです」とまで語っている。

 こうなると、前述の400年前の災害データで示した慶長豊後地震(大分)、慶長三陸地震(三陸沖)、熊本(熊本地震)は、すでに対応する地震が起きたと解釈できるため、それ以外の大地震に警戒が必要になってくるだろう。具体的にいうと、中央構造線断層帯、近畿地方、そして南海トラフで起こる巨大地震だ。

 これまで何度も指摘してきたように、東日本大震災の影響による地震・噴火の連鎖も終わったわけではない。その意味で、濱嶌氏が指摘するように今後数十年は、大地震・火山噴火・大水害に悩まされることを覚悟して、防災に励まなければならない。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose


参考:「日刊ゲンダイ」、「中塚武教授の研究内容」、ほか

コメント

6:匿名 2018年8月16日 17:57 | 返信

科学者でもないのに記事書くな。ニュートンなどの科学雑誌が正しい。

5:匿名 2017年10月11日 14:31 | 返信

『霧島連山の噴火は終末への予兆だ』という記事を早く書きなさい。

4:匿名 2017年10月10日 08:03 | 返信

朝鮮半島では16世紀~17世紀にかけて地震が多発、1681年6月28日には江原道やその周辺で推定M7~7.5の大地震が発生していた記録が残っているらしい。TOCANAのこの記事と一致しているね。 400年周期が本当なら韓国でもそろそろ巨大地震が発生する可能性があるのかな?

東日本大震災の時は「日本の大地震をお祝います。」なんて言った捻くれ者の韓国人が話題になったが、韓国の人たちも気を付けた方がいいよ。1681年の記録では韓国も津波にも見舞われたそうだからね。

3:匿名 2017年10月9日 01:23 | 返信

うぜー
死ねや

2:匿名 2017年10月8日 19:39 | 返信

今ごろ記事に書かなくても、南海トラフの危険性は地元の人間なら誰もが感じている。
何よりも、百瀬くんが記事を書くと、途端に嘘臭くなってしまい、せっかく皆が持っている緊張感が薄れてしまう。
何も知らないくせに、知ったかぶりで南海トラフの危険性を語るな。

1:匿名 2017年10月8日 17:53 | 返信

全然「衝撃」と思わないが…
定期的に防災意識掲揚記事を四苦八苦してupする意気込みは褒めてあげよう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。