奇習! 赤ん坊の死体を櫻の樹の下に埋めて養分に…! 北関東の寒村で守り継がれる「拝領桜」の悲しすぎる真実

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

奇習! 赤ん坊の死体を櫻の樹の下に埋めて養分に…! 北関東の寒村で守り継がれる「拝領桜」の悲しすぎる真実の画像1画像は「Thinkstock」より引用

「桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ」――明治期の小説家・梶井基次郎作の短編小説『櫻の樹の下には』の有名な一節であるが、世の中には誠にもっておかしな風習が存在しているもので、この『櫻の樹の下には』のように、なんとも奇妙な代物を、桜の木の根元へと埋めていた人々がいる。


「うーん、これはね、私もあまりおおっぴらには言えないというか、それこそ、まだあのあたりに住んでいる人もいるわけだから、迷惑になるといかんしね。でも、今の人らからすれば、とても信じられないような話だと思うよ」


 村一番の桜の古木の根元に、長年に渡って埋め続けていた“あるもの”についてそう証言するのは、北関東のとある山間の寒村で生まれ育ったという佐藤善次郎さん(仮名・90)。佐藤さんの話によると、彼が生まれ育ったその地域では、現代の我々からすると、なんとも信じ難い代物を、その桜の根元へと埋め続ける習慣が存在していたという。


「赤ん坊をね、埋めるの。そう、桜の木の根元を掘ってね。それをずーっと昔から続けたわけ。だからあの木の根元を掘るとね、流産しちまった子だとか、ちゃんと生まれても育たずに早死にしちゃった赤ん坊だとかのね、骨なんかが、たーっくさん出てくると思うよ」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ