奇習! 包皮が長いほどいい男!? 特殊な価値観から生まれた男たちの伝統的「皮伸ばし」の風習=東海地方

【日本奇習紀行シリーズ】東海地方

奇習! 包皮が長いほどいい男!? 特殊な価値観から生まれた男たちの伝統的「皮伸ばし」の風習=東海地方の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 特殊な道具を使って首を伸ばしたり、足を小さくしたりと、世界各国には、身体の一部に人為的な形状の変化をもたらすことを良しとする習慣が、数多存在しているが、実はこうした習慣は、かつて我が国の一部でも行われていたという。


「普通に考えればおかしな風習だろうけどね。あのあたりの男たちは、みんなそれを当たり前のことだと思っていたからさ」


 自身が生まれ育ち、初老を過ぎる頃まで暮らしていたという東海地方のとある地域で、かつて大々的に行われていたという奇習についてそう語り始めたのは、現在、郷里を離れて都内で暮らしているという元漁業・澤村吉郎さん(仮名・89)。澤村さんの話によると、当地で生まれ育った男性たちは、みんな“ある特徴”を持っているという。


「早い話がね、ナニの皮が長いの。長くて、余ってて、だらーんって伸びきってるの」


 実は当地の出身男性の大半は、男性器の包皮がかなり長く伸びた重度の包茎状態であるのだという。これだけでも実に驚くべき話であるが、さらに驚くことに、こうした特徴的な男性器は、この地域に古くから伝わる習慣によって生み出されているのだそうだ。


「もともとね、あのあたりじゃ、ナニの皮が長ければ長いほどね、いい男だっていう話があってさ。それで、男の子が生まれるとね、どこの家でも、親たちがね、ちびっこいナニの皮をひょいっと掴んで、毎日せっせと伸ばしていくんだよ。そうするとね、毛が生えてくる頃には、かなり長くなってるもんさ」

 そもそも“包皮が余れば良い男”という価値観そのものが、実に珍しいタイプのものであると言わざるを得ないが、少なくともそれを「当然のこと」と信じて疑わぬ当地の人々は、幼き日には両親から、長じては自分自身でせっせと「皮伸ばし」を行っているのだという。


「まあね、その“いい男”っていう評価欲しさのためにやってもさ、それで自慢しあえるのは同郷の人間同士だけでね。世間一般じゃ通用しないだろうから、今にして思えば、なんであんなことをみんなで一生懸命になってやってたんだろうって、私なんかも思うよ」


 多くの美容整形業者が行う宣伝の影響もあってか、世の男性の多くは、自身の男性器について、ついついナーバスになるもの。その結果、サイズの大小や包皮の剥け具合にコンプレックスを感じる人も少なくないと思うが、そうした人々にとって当地に存在していたこの習慣は、もしかするとちょっとした元気を与えてくれる話と言えるかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 包皮が長いほどいい男!? 特殊な価値観から生まれた男たちの伝統的「皮伸ばし」の風習=東海地方のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル