奇習! 包皮が長いほどいい男!? 特殊な価値観から生まれた男たちの伝統的「皮伸ばし」の風習=東海地方

奇習! 包皮が長いほどいい男!? 特殊な価値観から生まれた男たちの伝統的「皮伸ばし」の風習=東海地方の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 そもそも“包皮が余れば良い男”という価値観そのものが、実に珍しいタイプのものであると言わざるを得ないが、少なくともそれを「当然のこと」と信じて疑わぬ当地の人々は、幼き日には両親から、長じては自分自身でせっせと「皮伸ばし」を行っているのだという。


「まあね、その“いい男”っていう評価欲しさのためにやってもさ、それで自慢しあえるのは同郷の人間同士だけでね。世間一般じゃ通用しないだろうから、今にして思えば、なんであんなことをみんなで一生懸命になってやってたんだろうって、私なんかも思うよ」


 多くの美容整形業者が行う宣伝の影響もあってか、世の男性の多くは、自身の男性器について、ついついナーバスになるもの。その結果、サイズの大小や包皮の剥け具合にコンプレックスを感じる人も少なくないと思うが、そうした人々にとって当地に存在していたこの習慣は、もしかするとちょっとした元気を与えてくれる話と言えるかもしれない。
(取材・文/戸叶和男)


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

コメント

1:匿名 2018年12月14日 00:34 | 返信

東海地方に住んでます
いままで祖父はチンポの皮を剥くように教えてくれたのに、誤解して皮を伸ばして包茎になったと考えてました
でもこの記事をみると本当に皮を伸ばすように言われたようです
記事のような郷ぐるみの習慣ではありませんが母方の祖父とおじから
幼稚園に通う前から風呂に入れてもらうたびに
男として大事なことだからと繰り返しチンポの皮を伸ばすように言われ皮のひっぱり方も教わりました
一人で風呂にはいる頃には言われなくなったけど、それまでよく言われました
確かに人よりも皮が長いです
同級生から包茎といわれ自分のチンポの皮が長いと自覚したものの包茎が悪いとは思えなかったです

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。