元SMAPの3人を起用できないのはジャニーズの圧力・報復が怖すぎるから! 「すべてはNHKの出方次第」関係者が暴露!

元SMAPの3人を起用できないのはジャニーズの圧力・報復が怖すぎるから! 「すべてはNHKの出方次第」関係者が暴露!の画像1

 香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人は、今年9月にジャニーズ事務所を離れ、ともに新たな事務所で活動を開始した。退所が発表された時には異例とも言えるジャニー喜多川社長のコメントも発表されるなど、温かく送られた印象もあるが、やはりこの元ジャニーズ組を使うのはどこのメディアも腰が引けていると聞く。

 果たして、今後3人に新たな仕事で声をかけるメディアはあるのだろうか。業界関係者に話を聞いた。

「テレビに関しては地上波の民放各局はどこも及び腰のままですね。WOWOWなどスポンサーを気にしない局ならば何も恐れずに使うかもしれませんが、地上波はまだわかりません。ただ、NHKは大いに可能性があるとの声もあります」(テレビ局プロデューサー)

 地上波各局が様子を見ている中、NHKは前向きということか。

「前のめりというほどではありませんが、業界内ではテレビ局の中で最初に手を出してほしいといわれています。本音ではどこの局も3人それぞれ起用したいのですが、最初に手を挙げると角が立つ恐れがあると思っているんです。無論、明確な圧力があるわけでもないですし、今後も何もないかもしれませんが、それでも怖いんですよ。しかし、最初にNHKが手を挙げてくれれば、2番目や3番目で他局も使いやすくなるので、民放としてはNHKに期待しています」(同)

 NHK側に動きがあるわけではないようだが、民放はいずれもNHKに先陣を切ってほしいと望んでいるようだ。

「NHKは公共放送で、仮にジャニーズにちょっとぐらい睨まれても揺るぎません。そのため、NHKが一番角が立たないんです」(同)

 たしかにNHKが相手ならばジャニーズ事務所といえども何も言えないのかもしれない。

 しかし、仮に出演がかなったとして、どんな番組への出演を制作サイドは期待しているのか。

「もちろん、無難なのはドラマですが、各局とも狙っているのはドキュメンタリー番組へのキャスティングですね。NHKでいえば『プロフェッショナル仕事の流儀』でしょうね。民法ではかなうかどうかは別にして、『情熱大陸』(毎日放送系)は出演してほしいキャストだと思います。また、ドキュメントとなれば騒動を語ることにもなりますが、テレビ局としては話題性があるので、それを狙っています」(同)

 かなうかどうかは別にしても、たしかにインパクトのある内容だ。

 明確な圧力はないと聞けたものの、それでも事務所の威光を恐れているのがテレビ局の現状のようだ。仮に圧力があったとしてもそれに負けずに頑張ってくれることを願うばかりだ。
(文=吉沢ひかる)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ