全問正解は高IQ、解けなければ平均以下、あなたの知能は…!? MIT学生の正答率48%、たった3問の恐すぎる「知能テスト」

関連キーワード:

,

,

,

■MITの学生でも全問正解者は50%以下

全問正解は高IQ、解けなければ平均以下、あなたの知能は…!? MIT学生の正答率48%、たった3問の恐すぎる「知能テスト」の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 正解は、

1. 5ペンス(0.05ポンド)

 直観的に合計1.10ポンドからバットの値段1ポンドを引いた0.1ポンドをボールの値段と答えがちであるが、もしボールが0.1ポンドだったら、それより1ポンド高いはバットは1.10ポンドとなり、合計は1.10+0.10=1.20ポンドとなってしまう。

 これは中学校の数学で習う1次方程式を用いて考えれば容易く解ける問題だ。もしかしたら、大人よりも中学生の方が正答率が高かったかもしれない。

 ボールの値段をXとすると、バットの値段はX+1

 バット+ボール=X+(X+1)=1.10

 これを解くと、

 2X+1=1.10 → 2X=0.10 → X=0.05

 ボールの値段は0.05ポンドであることが分かる。


2. 5分

1台の機械が1つの製品を作るのに5分かかると考える。すると、100台の機械が100台の製品を作るのに掛かる時間も5分だ。


3. 47日

 スイレンの葉は1日で2倍になる。48日で湖全体が覆われたならば、1日前に湖の半分が覆われていたということ。

 全問外してしまったとしても気を落とさないで欲しい。ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)など、アメリカの名門大学の学生3428人に対し同じテストを行ったところ、全問正解した学生はわずか17パーセントだったそうだ。

 実はこのテストは「Cognitive Reflection Test(CRT、認知反省テスト)」と呼ばれる、直感と分析的思考に関する認知テストであり、実際のIQテストとは少々異なる。心理学者のシェーン・フレデリック氏によると、人間の認知には直感的な「システム1」と、より慎重に物事を分析する「システム2」が具わっており、システム1に従うと、先述したよくある間違いを犯してしまうという。とはいえ、CRTはIQとの相関も指摘されており、やはり素早く正解を導き出せる人の知能指数は高いといえるだろう。全問正解した読者は、高IQ団体「メンサ」の入会試験を受験してみては如何だろうか?
(編集部)


参考:「Daily Mail」、ほか

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード