スマホの影響で人間の手が“超絶キモイ形”に変化していくことが判明! 吸盤、指の湾曲…衝撃の進化!

関連キーワード:

,

,

,

,

スマホの影響で人間の手が超絶キモイ形に変化していくことが判明! 吸盤、指の湾曲…衝撃の進化!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 近年、スマートフォンの巨大化が進み、文字通りユーザーの手に余りつつある。落下防止を防ぐホールドリングなども普及してきたが、それでもスマホが手から転がり落ちた経験は1度や2度はあるだろう。


■スマホを使い続けると人間の手は恐ろしい進化を遂げる

 英紙「Express」(29日付)によると、スマートフォン、テレビ、インターネット回線の比較を行っているイギリス企業「Broadbandchoices」社の調査により、成人したイギリス人1000人のうち4分の1以上が、過去にスマホが原因の怪我を経験し、その多くがベッドでスマホを使用中に顔面にスマホを落としたことがあると判明したという。スマホに起因する怪我には、他にも長時間のスマホ使用による手や首の凝りが挙げられている。

 これほど多くの人がスマホを落としてしまうということは、他のデバイスに比べてスマホは人間の体に合っていないのではないか? そこで、「Broadbandchoices」社は、進化生物学者のPrishita Maheshwari-Aplin氏の監督のもと、スマホに適した手の形を考案した。

スマホの影響で人間の手が超絶キモイ形に変化していくことが判明! 吸盤、指の湾曲…衝撃の進化!の画像2画像は「Express」より引用
スマホの影響で人間の手が超絶キモイ形に変化していくことが判明! 吸盤、指の湾曲…衝撃の進化!の画像3画像は「Express」より引用

 スマホをしっかりホールドし、安定性を確保するため、人差し指は拡張され、小指は内側に婉曲。中指と薬指の指先にはホールド力をさらに増すための吸盤のようなものが付いている。親指は画面をタッチし易いように、先端が細く内側に婉曲、掌にはスマホがピッタリおさまるよう、スマホ方の溝ができている。

 とはいえ、Prishita Maheshwari-Aplin氏は、「手がこれほど進化するには何世代もかかる上、その時までにはもうスマホが存在していない可能性が高いでしょう」と、今すぐ人間の手がスマホに最適化されることはあり得ないと語っている。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

スマホの影響で人間の手が“超絶キモイ形”に変化していくことが判明! 吸盤、指の湾曲…衝撃の進化!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで