【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 殺人鬼は数多いるが、エド・ゲインほどサブカルチャーに影響を与えた者はいないだろう。『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス、『サイコ』のノーマン・ベイツ、『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビルなどの数々の伝説的ホラー・サイコスリラー映画の元ネタであり、昨今の日本でも『Fate/zero』の雨生龍之介や『ゴールデンカムイ』の江渡貝弥作などといったキャラクターが生まれている。「プレインフィールドの屠殺人」とも呼ばれたアメリカンホラーの源流エド・ゲインは今なお語り継がれ、遠く日本の文化にさえ影響を与えているのだ。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

■狂信的な母と異常な教育

 エドワード・セオドア・ゲインは1906年8月27日、米国ウィスコンシン州に二人兄弟の次男として生まれた。子供たちの幼少期、一家はウィスコンシン州プレインフィールドの町外れに、後に惨劇の舞台となる農場を購入して移住した。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 父ジョージはアルコール中毒で、しばしば家族に暴力を振るった。母オーガスタは夫を嫌い、役立たずと常日頃から罵っていた。離婚しなかったのはひとえに信仰のためである。オーガスタは狂信的なクリスチャンで、しつけに厳しく、独善的な女性だった。自分は常に正しいと信じ、世界は悪徳と邪悪と不道徳に満ちていると信じていた。プレインフィールドへ引っ越したのも、溺愛する息子たちを外界に触れさせないためであった。彼女は息子たちに世間との接触を禁じ、友達をつくることさえ禁じた。父のようになるなと言い聞かせ、時に夫の死を共に祈らせた。

 オーガスタはまた、狂信的な宗教教育を行っていた。世界の破滅は近いと息子たちに教え、飲酒は悪である、子供をつくる目的以外の性行為は悪である、自分以外の女性は不潔な売春婦などと言い聞かせた。オーガスタは性を嫌悪していた。そして、男性器は悪徳の象徴で堕落へと誘うものだと教え、息子たちに自分の男性器に唾を吐きかけるよう命じたという。

 オーガスタの異常な教育もあり、友人をつくろうとしないゲインは学校でいじめられた。ゲインには突然笑い出す癖があり、それがまたからかいの種になった。一方で、成績はそれほど悪くなかった。

■家族の死

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像3画像は、「rebelcircus」より

 1940年に父ジョージが病死すると、兄弟は農場を手伝い、町でもよろず屋のようなことをするようになった。ゲインもしばしば子守りなどを引き受けていた。兄弟は変わり者ではあるが善良な隣人として、近隣住民からも頼りにされていたという。そういった周辺住民との関わり合いとの結果だろうか、兄ヘンリーは母親の言動を否定し始め、近所には母は病気だと話すようになった。ヘンリーは弟にも母親との距離が近すぎることを注意したという。当然、ゲインは兄に不満を抱くようになった。

 1944年5月、ヘンリーが死亡した。農場の近くで火災が起きてゲイン兄弟が消火に向かったのだが、騒ぎの中で行方不明となり、数日後に遺体で見つかったのだ。遺体はすすで黒くなっていたが燃えてはおらず、頭部には打撲痕があった。しかし死因は窒息と判断され、それ以上の追及はされなかった。ゲインはこの件について詳細を話してはいないが、おそらく彼の犯行であるとみられている。

 兄の死後、ゲインは母と二人暮らしとなったが、この生活は長く続かなかった。オーガスタは病に倒れ、息子の看病の甲斐なく1945年に死亡した。唯一の友人でもある愛する母の死に、ゲインは葬式でも号泣したという。そして、孤独となった彼は墓を掘り返すなど死者を冒涜する奇行を繰り返すようになる。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像4死後もきれいなままだった母オーガスタの部屋。画像は「Daily Mail」より引用


■プレインフィールドの屠殺人

 1947~52年までの間に、ゲインは真夜中に地元の墓地を40回ほど荒らした。彼は母親に似た中年女性の葬儀をチェックし、埋葬された直後に掘り返していたのである。後の取り調べで、彼は9つの墓から遺体を持ち帰ったことを認めている。また、1954年12月8日には地元でバーを経営していたマリー・ホーガン(当時54)を射殺して、遺体を家に持ち帰った。公式にはこの事件がゲインの一件目の殺人とされている。

 エド・ゲインが今なお語り継がれているのは殺人鬼だからではない。彼は(公式には)二人しか殺しておらず、シリアルキラーではない。彼がアメリカの伝説となったのは、死体の扱いがあまりにも常軌を逸していたからだ。

 ゲインは持ち帰った遺体を解剖し、解体し、食べた彼は遺体を加工し、頭蓋骨の食器や人皮を張った椅子などを作った女性への変身願望を抱いていたゲインは、人面マスクや乳房のついたボディスーツを作って身にまとい、真夜中の農場内を歩き回ることもあった。また、切り取った女性器で自分の男性器を包むこともあったという。なお、彼は死体との性交だけは一切否定している。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像5人の皮を張った椅子。画像は「Daily Mail」より引用
【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像6人間の皮で制作したマスク「rebelcircus」より

 住民はゲインの凶行に一切気づかず、相変わらず変わり者の隣人程度にしか思っておらず、引き続き子守も頼んでいた。預かった子供たちとの関係は良好で、ゲインはしばしば人皮のマスクや頭蓋骨を見せびらかしていたというが、第二次世界大戦に出征した親戚の戦地からのお土産というウソを皆が信じていた。

 1957年11月16日、ゲインは再び殺人事件を起こす。被害者は地元で雑貨屋を営んでいたバーニス・ウォーデン(当時57)。ゲインは22口径のロングライフルで彼女を射殺した後、遺体をソリで引いて自宅へと持ち帰った。

 警察はウォーデンが行方不明になる直前、雑貨屋でゲインと一緒にいたこと、また現場に彼宛ての領収書があったことなどからゲインを武装強盗の容疑で逮捕した。そして、ゲインの犯行は白日の下に晒されることとなる。

 ゲインの自宅を訪れた警察は、まずウォーデンの遺体を発見した。彼女の首はなく、胴体は切り開かれて内臓を取り除かれ、逆さまに吊るされていた。まるで殺したての鹿のようだったという。部屋をさらに捜索すれば、コンロの上には心臓の入った鍋があり、冷蔵庫には人間の腸が入っていた。壁には人の顔を剥いだマスクが飾られ、9つの女性器と4つの鼻が収められた靴箱に、しなびた10個の頭部など、家の中からは次々と尋常でない品々が見つかった。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像7画像はバーニス・ウォーデン「Crime Scene Database」より引用

 また、遺体の数自体は15人分にのぼり。また、行方不明扱いされていたマリー・ホーガンの遺体の一部も発見された。なお、台所や多くの部屋は荒れて足の踏み場もない有様だったが、母親の部屋だけはきれいなままだったという。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像8マリー・ホーガンの顔
【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像9画像は「Daily Mail」より引用


■アメリカンホラーの源流

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像10画像は乳首ベルト「rebelcircus」より

 殺人で逮捕されたゲインだが、精神病を理由に裁判が開かれることはなかった。彼はウィスコンシン州の精神病院に収容されることが決まり、その後の人生を病院で過ごした。1984年7月26日、ゲインは精神病院で呼吸不全で亡くなった。遺体はプレインフィールドの墓地の、母親の隣に葬られた。

 一方で、彼の犯行はさまざまな分野、特にホラーやサイコスリラーといったジャンルの映画に多大なインスピレーションを与えた。人間を解体して加工するレザーフェイス、狂信的な母親を崇拝するノーマン・ベイツ、女性の人皮で作ったスーツを身にまとうバッファロー・ビルなど、エド・ゲイン事件の影響は明らかだ。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!の画像11画像は「rebelcircus」より

 アメリカの恐怖と悪夢を体現したエド・ゲインの人気は今なお高く、彼の遺品はオークションで高値で取引されている。ゲインの家は1958年に放火が原因と思われる火災で焼失しているため、町に事件の痕跡は彼の墓くらいしかない。彼の墓には数年にわたって多くの人々が訪れており、墓石は幾度となく削られ、1999年には盗難騒ぎまで起きた。現在ゲインの墓石は地元博物館に所蔵されているという。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Biography」、「Murderpedia」、「Daily Mail」、ほか

文=吉井いつき

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【閲覧注意】伝説の殺人鬼エド・ゲイン ー 切り裂き胴体、乳首ベルト、人皮マスク、食人心臓鍋…『羊たちの沈黙』のモデルになった死体陵辱シリアルキラー!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル