今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%の“ホピの予言”と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」

関連キーワード:

,

,

,

,

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%のホピの予言と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」の画像1画像は「Thinkstock」

 今年のハロウィンも今月末に迫ってきた。筆者が子どもの頃は、お菓子をもらうための行事に過ぎなかったが、近年の日本ではコスプレ集会の一種として受容されつつあるようだ。今年も渋谷のスクランブル交差点は、(ハロウィンとは直接関係なさそうな)仮装をした集団に乗っ取られるのであろうか……。そんな憂鬱をよそに、今年のハロウィンに地球が滅亡するかもしれないという、のっぴきならないニュースが飛び込んできた。


■今年のハロウィンに地球滅亡か?

 英紙「Express」(17日付)によると、今月31日のハロウィンにキリストが再臨し、世界に終末がもたらされると、YouTubeチャンネル「End Time Prophecies」が語っているというのだ。

「10月31日が終末の日であることを示す全ての証拠が揃っています。その日、キリストが再臨し、ポールシフトが起こるでしょう」(「End Time Prophecies」)

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%のホピの予言と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」の画像2画像は「Express」より引用

 ポールシフトとは、地球の地軸が反転することを指す。これが起こると、世界中で大規模な気候変動、地殻変動が生じ、壊滅的な被害がもたらされるといわれている。「End Time Prophecies」が証拠とみなしているのが、『旧約聖書』の三大預言書の1つ『イザヤ書』である。

「地は全く砕け、地は裂け、地は激しく震い、地は酔いどれのようによろめき、仮小屋のようにゆり動く。そのとがはその上に重く、ついに倒れて再び起きあがることはない」(『イザヤ書』24章19節~20節)


●10月21日滅亡予言

『PLANET X THE 2017 ARRIVAL』の著者であり、聖書研究家で天体観測家のデイヴィッド・ミード氏も、天体観測と独自の聖書解釈から、10月21日にニビルが地球に最接近し、世界に終わりが訪れると予言している。ハロウィンから10日ほどズレるものの、両者の結論が驚くほど近いことは注目に値するだろう

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%のホピの予言と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」の画像3画像は「Express」より引用

●的中率100%の「ホピの予言」

 そして、世界を滅亡させるかもしれない、もう1つの“危険因子”が存在することをお伝えしておこう。すでに各報道でご存知の読者もいるかもしれないが、制御不可能の状態に陥った中国の無人実験モジュール「天宮1号」が、近いうちに地球に落下するかもしれないといわれている。落下地点の予測は困難とされ、有害物質が付着した100キロもの鉄の塊が、いつどこに落ちてもおかしくない状況なのだ。もし、稼働中の原発にでも直撃したら、その被害は想像を絶する……。恐ろしいことに、的中率100%のホピ族の予言でも、天宮1号が世界の終わりをもたらすと思しき記述があるのだ。

「天上にある天国の居住施設が地球に落下し衝突する。その時には青い星が現れて、その後ホピ族の儀式は幕引きとなる」(ホピ族第9の予言)

 青い星はニビルとも目されており、今月21日にニビルが最接近すると予言しているミード氏とも時期的に一致している。背筋が凍る話だが、それぞれ独立した3つの予言が示し合わせたかのように互いにリンクしているのだ。残された時間で我々にできることはもうない。ハロウィンで街が浮かれ騒いでいる間に、地球滅亡という万が一の事態が起きないことを祈るばかりだ。

参考:「Express」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%の“ホピの予言”と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル