今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%の“ホピの予言”と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」

関連キーワード:

,

,

,

,

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%のホピの予言と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」の画像1画像は「Thinkstock」

 今年のハロウィンも今月末に迫ってきた。筆者が子どもの頃は、お菓子をもらうための行事に過ぎなかったが、近年の日本ではコスプレ集会の一種として受容されつつあるようだ。今年も渋谷のスクランブル交差点は、(ハロウィンとは直接関係なさそうな)仮装をした集団に乗っ取られるのであろうか……。そんな憂鬱をよそに、今年のハロウィンに地球が滅亡するかもしれないという、のっぴきならないニュースが飛び込んできた。


■今年のハロウィンに地球滅亡か?

 英紙「Express」(17日付)によると、今月31日のハロウィンにキリストが再臨し、世界に終末がもたらされると、YouTubeチャンネル「End Time Prophecies」が語っているというのだ。

「10月31日が終末の日であることを示す全ての証拠が揃っています。その日、キリストが再臨し、ポールシフトが起こるでしょう」(「End Time Prophecies」)

今年のハロウィン(31日)に地球滅亡がほぼ確定? 的中率100%のホピの予言と聖書の内容がリンク「全ての証拠が揃っている」の画像2画像は「Express」より引用

 ポールシフトとは、地球の地軸が反転することを指す。これが起こると、世界中で大規模な気候変動、地殻変動が生じ、壊滅的な被害がもたらされるといわれている。「End Time Prophecies」が証拠とみなしているのが、『旧約聖書』の三大預言書の1つ『イザヤ書』である。

「地は全く砕け、地は裂け、地は激しく震い、地は酔いどれのようによろめき、仮小屋のようにゆり動く。そのとがはその上に重く、ついに倒れて再び起きあがることはない」(『イザヤ書』24章19節~20節)


●10月21日滅亡予言

『PLANET X THE 2017 ARRIVAL』の著者であり、聖書研究家で天体観測家のデイヴィッド・ミード氏も、天体観測と独自の聖書解釈から、10月21日にニビルが地球に最接近し、世界に終わりが訪れると予言している。ハロウィンから10日ほどズレるものの、両者の結論が驚くほど近いことは注目に値するだろう

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ