寝室に「異次元ポータル」を出現させた男の衝撃映像&テクニック! ワームホール生成のための“2つの手順”とは?

 以前トカナでは「異次元ポータルから人間が次々と飛び出てくる映像」や「ロシアが実用化したとされる惑星間ポータル」を報じたが、異次元ポータルそのもの仕組みについてはこれまで何も分かっていなかった。だが今回、ある人物が異次元ポータルを自宅の寝室で自作してしまったとのニュースが舞い込んできたのだ。

 ユーチューバー「FunkyFatHead」は、今年8月に投稿した動画で、信じられないほど簡単な異次元ポータルの作り方を公開している。音波が重要な役割を果たしているらしく、2つのトーンジェネレーターを組み合わせることで、ドラえもんの四次元ポケットのように思い通りの場所へ行くことができるとのことだ。

動画は「YouTube」より引用

 実験映像では、2つのトーンジェネレーターが、米・アリゾナ州セドナに通じているという525Hzと528Hzに設定されている。

【衝撃】寝室に「異次元ポータル」を出現させた男の衝撃映像&テクニック! ワームホール生成のための2つの手順とは?の画像1画像は「YouTube」より引用

 トーンジェネレーターが起動すると、程なくしてベッドに置かれたジェネレーターの上に徐々に目映い光が姿を現してきたではないか。驚いたことに、光の向こうには、セドナらしき光景が広がっている。

【衝撃】寝室に「異次元ポータル」を出現させた男の衝撃映像&テクニック! ワームホール生成のための2つの手順とは?の画像2画像は「YouTube」より引用
【衝撃】寝室に「異次元ポータル」を出現させた男の衝撃映像&テクニック! ワームホール生成のための2つの手順とは?の画像3画像は「YouTube」より引用

「FunkyFatHead」は、これは2つのトーンジェネレーターにより生じたゲートウェイ、あるいはワームホールだと語っているが、まさかこんなにも簡単に異次元ポータルを作ることができるとは驚きである。

【衝撃】寝室に「異次元ポータル」を出現させた男の衝撃映像&テクニック! ワームホール生成のための2つの手順とは?の画像4画像は「Thinkstock」より引用

 YouTubeユーザーからは多くのコメントが寄せられており、ポータルの存在を信じる肯定的な意見が多くある一方、フェイクだと疑う懐疑的な声も挙がっている……。読者はどう思われただろうか?

 ここは1つ、「FunkyFatHead」に光の向こう側に行ってもらい、これが本物の異次元ポータルであることを証明してもらうしかないだろう。今後の検証動画に期待しよう。
(編集部)

参考:「Disclose.tv」、「YouTube」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ