【超閲覧注意・座間9遺体事件】なぜ頭を保存した? 生首とオーラルセックス、断頭射精、玩弄…過去の「頭部切断事件4例」から考察

※4頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

【超閲覧注意・座間9遺体事件】なぜ頭を保存した? 生首とオーラルセックス、断頭射精、玩弄…過去の「頭部切断事件4例」から考察の画像1画像は「ANNnewsCH」より引用

 神奈川県座間市のアパートで9つの頭部遺体が発見された事件で、警視庁捜査一課はこのアパートに住む職業不詳・白石隆浩容疑者を死体遺棄容疑などで逮捕した。現時点では、自殺サイトを介した嘱託殺人事件との見方が強いが、関係者からは、それ以上の深い闇が隠されているとの声もあり、一刻も早い真相解明が待たれる状況だ。

 通常、遺体を身体パーツごとに、あるいは細切れ肉のように解体するバラバラ殺人の動機は主に処理と運搬の利便性にあるといわれる。その際、身元特定に最も寄与する頭部は細心の注意をもって廃棄されることが常だ。だが、なぜ白石容疑者は被害者の頭部を後生大事に自宅アパートに保存していたのだろうか?

 それは、バラバラ殺人には処理や運搬の他にもう1つの大きな動機があるからだ。玩弄(がんろう)である。これには、遺体を切断することで犠牲者との一体感を得る愛着的玩弄と、「人間らしさの剥奪」や「女性らしさの剥奪」を目的とした屈辱的玩弄があるといわれる。愛着的玩弄は主に配偶者や恋人によって行われ、猟奇事件として取り扱われることが多い。

 これに対して、屈辱的玩弄は犠牲者の首を切り取り、潰したり、女性器や乳房を切断することで犠牲者に屈辱を与えることが目的となる。乳房を切り取り、もてあそんだジャック・ザ・リッパーや、殺害女性の皮膚でマスクをこしらえたエド・ゲインなど、いわゆるシリアル・キラーによく見られる特徴だ。白石容疑者の場合もこれにあたる可能性が高いだろう。

 すでにネット上では、犠牲者の多さ、事件の異常性から30年に1度の猟奇殺人事件ともいわれているが、世界にはさらに狂った頭部切断事件が存在するのだ。今回は4つのケースをご紹介しよう。

■ジェフリー・ダーマー(屈辱的玩弄のための保存)

【超閲覧注意・座間9遺体事件】なぜ頭を保存した? 生首とオーラルセックス、断頭射精、玩弄…過去の「頭部切断事件4例」から考察の画像2ジェフリー・ダーマー「Murderpedia」より引用

 犯罪大国アメリカにおいて史上最悪の異常連続殺人鬼と言われているジェフリー・ダーマー。彼は1978年から1991年にかけて17人の青少年を殺害し、死姦、死体切断した上で食べ、性奴隷ゾンビを作ろうと生きている被害者の脳にドリルで穴を開け希塩酸や熱湯を注入した、恐ろしい男である。

 ジェフリーは高校の卒業式から1週間後、酒場で飲んだ帰り道、上半身裸でヒッチハイクしていた19歳のスティーブン・ヒックスを自宅に誘い、殺害。遺体をバラバラにした後、頭部だけは綺麗に洗いマスターベーションのネタとして使い再び床下に隠した。

 1990年には32歳の男娼レイモンド・スミスを誘い、アパートに連れ込み殺害。死姦後、バラバラにして頭蓋骨以外、捨てた。この被害者には死んだ後、首に噛みついたが、噛みちぎったり食べることはしなかった。頭蓋骨は変色し始めたのでスプレーして飾った。

 逮捕時、被害者の頭部に異常な執着を抱いていたジェフリーの自宅冷蔵庫からは、4人の被害者の頭部が出てきたといわれる。

 さらに詳しくは、17人を殺害した史上最悪の連続殺人鬼、ジェフリー・ダーマー(過去記事)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?