タトゥーにまつわる世界各国のディープすぎるトリビア5選! 皮膚を剥ぎ取る激痛施術、胸に巨大紋章を彫ったアメリカ大統領も…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■タトゥーを彫った歴代の米国大統領

1710_legendogtattoo_5.jpg画像は、「Wikipedia」より

 最近ではドナルド・トランプ政権に不安を抱くホワイトハウス職員らが転職活動を始めたという記事が出回っているが、世界トップクラスの権力者でもある米国大統領の中にもタトゥー愛好家はいる。タトゥーを彫った最初の大統領として知られる第7代大統領アンドリュー・ジャクソンは、太ももの内側にインディアンの“戦斧”を彫ったという。しかし皮肉なことに、彼は軍人時代にインディアンの大量虐殺を行ったという過去がある。また第26代大統領のセオドア・ルーズベルトも、胸に大きな一族の紋章を彫り込んでいたことで有名だ。

1710_legendogtattoo_6.jpg画像は、「MENTAL FLOSS」より

コメント

1:匿名 2018年5月13日 09:03 | 返信

>自ら喜んでタトゥーを彫るトラキア人女性らを“狂った女ども”と呼んでいた

日本でも同じ
古代ギリシア人とは仲良く出来そうだ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。