【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 第一次大戦前後のドイツでは、カニバリズムで有名なシリアルキラーが立て続けに現れている。「ハノーバーの吸血鬼」ことフリッツ・ハールマン、カール・グロスマン、そしてカール・デンケである。いずれもホームレスや売春婦などを次々に殺し、解体してその肉を食していたことで知られる。ハールマンとグロスマンは性欲と食欲を満たすために殺人に手を染めていたが、今回紹介するデンケは少し違う。彼は人肉を食べ、“販売する”ために連続殺人を続けたシリアルキラーなのだ。

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像1デンケの遺体 画像は「Murderpedia」より引用

■恐怖の「肉屋」が生まれるまで

 1870年8月12日、デンケは当時のプロイセン王国・ミュンスターベルク(現在のポーランド・ジェンビツェ)の裕福な農家に生まれた。幼少期についてはあまり知られていないが、やや愚鈍なところのある子どもだったという。12歳の時に家を出て、庭師見習いとして働き始めた。

 そして25歳の時、デンケの父親が死んだ。父の遺産で土地を購入したものの、デンケは農業経営には向いていなかったようで、やがてその土地を売り払った。そして得た金で、今度は小さなアパートを買った。事件の舞台となったのはこのアパートである。

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像2事件の起きた家 画像は「Murderpedia」より引用

 

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像3デンケが解体に用いたさまざまな道具 画像は「Murderpedia」より引用

■おぞましき「肉屋」の実態

 理由も経緯もはっきりしないが、1909年にデンケは最初の殺人を犯している。被害者は25歳の女性で、1924年にデンケが逮捕された後の捜査で発覚した。記録によれば、デンケが「肉屋」をはじめたのは1921年ごろからとみられる。1921~24年にかけて、彼は少なくとも30人程度を殺害している。デンケの被害者は流れ者ばかりで、街の人間には手をつけていない。だからこそ、彼の犯行は十数年もの間、決して発覚しなかった。遺体は彼の家で解体され、調理された。料理はもちろん自分でも食べたし、客や使用人にも振る舞われた。また、瓶詰めにされてマーケットで売られたといわれている。

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像4被害者の遺品と解体部屋 画像は「Murderpedia」より引用

 1924年12月21日、デンケの家から悲鳴が聞こえ、使用人が駆けつけた。すると、そこには血まみれの知らない男がいて、彼はデンケに斧で襲われたと証言した。しかし警察は当初、この証言を信じなかった。というのもデンケは、日曜日には教会でオルガンを弾き、人々から「パパ・デンケ」の愛称で親しまれる地元の名士だったからだ。だが、警察がデンケの家を捜索すると、切り刻まれた人間の肉や骨、塩漬けにされた胴体、クリームソースで煮込まれた臀部の肉などの、ぞっとするものが次々と出てきた。デンケは直ちに逮捕されたが、その夜、彼は独房の中でハンカチで首を吊り自殺した。

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像5部屋から見つかった人間の皮膚や骨。画像は「Murderpedia」より引用

 

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像6被害者の遺骨 画像は「Murderpedia」より引用

 デンケが何も語らず死んでしまったため、犯行動機や事件の全貌は完全に謎のままとなってしまった。事件のすさまじい猟奇性にも関わらず同時代のハールマンより知名度が劣るのは、裁判が開かれず、情報がほとんど残っていないからだ。だが、彼の残したノートには、殺害方法と商品開発の記録が克明に残っており、また付近の森からは被害者のものと思しき大量の骨や歯が次々と見つかっている。さらにアパートからも被害者の衣服や持ち物が発見されており、被害者は少なくとも30人以上と考えられている。

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々の画像7画像は「Murderpedia」より引用

■「肉屋」が生まれた理由

 デンケがなぜ連続殺人と食人を行うようになったかは不明だ。だが、フリッツ・ハールマンらとは違い、おそらく犯行に性的な意図はないと考えられている。彼の犯行動機はもっと単純かつ合理的で、「肉がないならホームレスを殺して食べればいい」くらいのものだった可能性がある。

 一説によると、デンケが一体何をしていたのか、周辺の人々は気がついていた可能性もある。だが、彼は街の人々には一切手を出していなかったから、皆見て見ぬ振りをしていたというのだ。もしこれが事実なら、まさに時代と社会が生んだ猟奇犯罪であると言えよう。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Murderpedia」、ほか

文=吉井いつき

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】30人以上を調理して売った人肉加工販売シリアルキラー「パパ・デンケ」! 尻肉のクリーム煮込み、胴体の塩漬け… ヤバすぎるレシピの数々のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル