【閲覧注意】「有名になるには何人殺せばいい?」最凶のSM連続殺人鬼“BTK”ことデニス・レイダー! 縛り拷問→殺してオナニー、ブッチギリの自己顕示欲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 アメリカで起きた劇場型犯の中でも、BTK事件はかなり特異な経緯をたどった事件である。BTK――Bind(縛り)、Torture(拷問し)、Kill(殺す)――と名乗る連続殺人犯は、極めて残酷な方法で少なくとも10人を殺した挙句、怯える近隣住民や警察をあざ笑うかのような犯行声明を送り続けた。劇場型犯罪の動機の一つは犯人の強い自己顕示欲だとされるが、BTKことデニス・レイダーの犯行はその典型といえる。何しろ、30年もの間未解決だった事件は、時を経て再び送りつけられた犯人からの手紙によって解決したのである。

1030BTK-1.jpg逮捕直後のデニス・レイダー。画像は「Murderpedia」より引用

■BTKの誕生

 デニス・レイダーは1945年3月9日に米カンザス州ピッツバーグで四人兄弟の長男として生まれた。一家は同州最大の都市ウィチタに移住し、レイダーもこの街で育つこととなる。幼少期から小動物を殺して楽しんでいたが、周囲からは普通の子供だと思われていたようだ。

1030BTK-2.jpg空軍時代のレイダー。画像は「Murderpedia」より引用

 1960年代中頃、大学を中退したレイダーは空軍に入隊する。除隊後はウィチタに戻り、1971年に妻ポーラと結婚した。1974年には警備会社に入社しており、レイダーは公私ともに順風満帆な生活を送っていた。だが、その裏では仕事を利用して犠牲者となる人物を見繕い、ウィチタ周辺で凶悪な事件を繰り返していたのである。

コメント

1:匿名 2018年10月7日 20:38 | 返信

60歳になってようやく出頭?

逮捕されないまま犯行が沈静化して、長い年月が過ぎた事を考えると
年齢的にも逮捕は犯人にとって「ご褒美」だったんじゃないのか。
自己顕示欲を満たせる理由もあるが、それだけではなく。
自分の子育てが一段落して、
過去の自分勝手な犯罪に ようやく罪の意識に苛まれた可能性もあるだろう。 
最後までとことん自分勝手に「捕まって楽になりたい」って事でね。

もちろん被害者にしてみれば許せないし、逮捕と極刑を願う状況だろうけど
果たしてこれは…
逮捕はできても、警察が最後まで犯罪者に踊らされてる印象があって嫌だな。
高齢になって再び同じ犯罪を犯さない保証はない以上、捕まるに越したことはないけど…。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?