閉店後のパブで突然揺れるイス、開くパラソル、開閉するドア…! 前代未聞のポルターガイストに全英戦慄、本格調査か

「嘘でしょ、信じられない!」
「絶対(パブに)行きたくない!」
「祟られてるって!」

 映像の視聴者からは恐怖のコメントが続出しているが、かなり“ホンモノ”っぽく見えるのか、意外にもヤラセと捉える向きは少なそうである。

Spooky CCTV Footage of Haunted Pub 動画は「YouTube」より


■超常現象研究グループが調査へ?

 ちなみに、同映像は一晩のうちに撮影されたものではなく、今年8月から2カ月の間に撮影されたものをまとめたものだが、コリンズ氏によると加工や演出などは一切ないとのことだ。

閉店後のパブで突然揺れるイス、開くパラソル、開閉するドア…! 前代未聞のポルターガイストに全英戦慄、本格調査かの画像2画像は「YouTube」より

 スタッフたちも日常的に恐怖体験に出くわしていたことから、皆ゴーストの存在を信じて疑わないという。

 たとえば、店内を清掃中にドアが揺れる音を聞き、見に行くと確かにドアは揺れていたが誰もいなかったり。飲料を保管している棚を横切る際、扉が閉まりライトも消えていたのが、数分後には扉が開き、ライトが点灯していたことも……。

 気になるゴーストの正体については「地元の整備士ではないか」という噂もあるようだが、両親が同パブの元オーナーだったというスザンヌ・シャーウッドさんは、親から聞いた話をもとに「(両親の前に)オーナーをしていたギルバート氏のゴーストではないか」と推測しているようだ。

閉店後のパブで突然揺れるイス、開くパラソル、開閉するドア…! 前代未聞のポルターガイストに全英戦慄、本格調査かの画像3画像は「YouTube」より

 小エビのカクテルサラダが頻繁につまみ食いされているなど、はるか昔から不思議な現象は次々起きていたという。超常現象研究グループからさっそく現地で検証してみたいというオファーもきているというが、はたして真相はいかに!?
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Express」ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ