奇習! 村の女全員が見守る中で「初夜のセックス」を行う婚礼儀式! 羞恥まみれの驚愕試練とは?(近畿地方)

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

 婚礼に関する奇妙な儀式は、これまでもいくつかご紹介しているが、そうした奇習の中でも、とりわけ奇妙な部類に入るであろう儀式が、かつて、近畿地方のとある地域に存在していたという。

「そもそも、人前でそういう姿を見せるということだけでも、どうかと思うからね。ましてやそれが新婚だろ? たまったもんじゃないわな(苦笑)」

 自身が生まれ育った寒村で、長きに渡って続けられてきたという、“奇妙な婚礼の儀式”についてそう語りはじめたのは、今なお、当地で余生を過ごしている今枝新七さん(仮名・80)。今枝さんの話によると、この村において結婚が決まった若い男女は、必ずその奇妙な儀式を行うことが定められていたという。

「まぁ、簡単に言えばね、結婚が決まると、花嫁と花婿はね、村の女衆が集まっている場所に連れてかれてね、そこでまず真っ裸にされるわけ。それでじっくりと体の隅々まで身体検査をされる」

 村の女性たち全員が集まる中で、なぜか全裸になることを強いられるという新郎新婦。挙げ句、その「すべて」を曝け出し、入念なチェックをされることになるというから、その羞恥は想像に難くない。しかし、そんな若い二人への羞恥まみれの試練はこれだけでは終わらないのだという。

奇習! 村の女全員が見守る中で「初夜のセックス」を行う婚礼儀式! 羞恥まみれの驚愕試練とは?(近畿地方)の画像2画像は「Thinkstock」より引用

「小一時間ほどかな。身体検査が終わるとね、今度はその女衆たちの前で、交わってみせる。うん、そう。二人でね。それを女衆たちはじっくりと見物するというわけ。同性だから、花嫁はまだあれだけれども、花婿の方はさ、緊張しすぎて勃つものも勃ちやしないっていう場合もあるのだけれども、一応、一通りのことを済ませないと結婚できないもんだからね、とにかくみんな必死なんだよ(苦笑)」

 よほどの好き者でもない限り、多くの人々にとっては、人前でセックスをすること自体、少なからず抵抗があるはず。しかしこの村においては、同じ村で暮らす女性たち全員の前で、そうした行為を披露しなければ、愛する人と結婚することすらできないという。そのため、どのカップルたちも、その羞恥心をかなぐり捨てて、懸命にセックスを行うのだそうだ。

「まあ、そうやって、お互いが全部見られてしまっている状態なもんだからね、浮気や横恋慕なんかもなくなるし、村の人間たちはみんな仲良く暮らしてたよ。そういう意味じゃ、あんなおかしな習慣でも、少しは役に立ってはいたのかもわからないね(苦笑)」

 日本でも一昔前には、味噌や醤油でさえもお互いに貸し借りするほどに、隣人との親密な交流が行われていたというし、いわゆる長屋の暮らしにおいては、その構造上、互いの情事が丸わかりであったという。もしかすると、こうしたある種の人情は、それこそ当たり前のように“裸の付き合い”が行えるような、プライバシーの垣根が低かった時代ならではのものなのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 村の女全員が見守る中で「初夜のセックス」を行う婚礼儀式! 羞恥まみれの驚愕試練とは?(近畿地方)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで