奇習! 村の女全員が見守る中で「初夜のセックス」を行う婚礼儀式! 羞恥まみれの驚愕試練とは?(近畿地方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

kishu1114_02.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

「小一時間ほどかな。身体検査が終わるとね、今度はその女衆たちの前で、交わってみせる。うん、そう。二人でね。それを女衆たちはじっくりと見物するというわけ。同性だから、花嫁はまだあれだけれども、花婿の方はさ、緊張しすぎて勃つものも勃ちやしないっていう場合もあるのだけれども、一応、一通りのことを済ませないと結婚できないもんだからね、とにかくみんな必死なんだよ(苦笑)」

 よほどの好き者でもない限り、多くの人々にとっては、人前でセックスをすること自体、少なからず抵抗があるはず。しかしこの村においては、同じ村で暮らす女性たち全員の前で、そうした行為を披露しなければ、愛する人と結婚することすらできないという。そのため、どのカップルたちも、その羞恥心をかなぐり捨てて、懸命にセックスを行うのだそうだ。

「まあ、そうやって、お互いが全部見られてしまっている状態なもんだからね、浮気や横恋慕なんかもなくなるし、村の人間たちはみんな仲良く暮らしてたよ。そういう意味じゃ、あんなおかしな習慣でも、少しは役に立ってはいたのかもわからないね(苦笑)」

 日本でも一昔前には、味噌や醤油でさえもお互いに貸し借りするほどに、隣人との親密な交流が行われていたというし、いわゆる長屋の暮らしにおいては、その構造上、互いの情事が丸わかりであったという。もしかすると、こうしたある種の人情は、それこそ当たり前のように“裸の付き合い”が行えるような、プライバシーの垣根が低かった時代ならではのものなのかもしれない。
(取材・文/戸叶和男)


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

コメント

1:匿名2018年12月14日 23:46 | 返信

きっしょ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。