【保存版】2017年のアンビリーバボーな科学的発見ベスト13! 顔と手足のない怪物、未来が過去に影響、宇宙人のメッセージも…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■9. 遠い宇宙から繰り返し届く謎の高速電波バースト

1110-2017news-5.jpg画像は「Science Alert」より引用

 遠く宇宙の彼方から届く「高速電波バースト(FRB)」は宇宙科学の大きな謎の一つであり、発信者についてはブラックホール、中性子星、そしてもちろんエイリアンなど諸説ある。地球から30億光年離れた矮小銀河「FRB 121102」はFRB発信源の一つであるが、今年8月、約1時間で15回ものFRBが観測されるという異常事態が起きた。遠い宇宙の果てで、いったい何が起きているのだろうか? 研究者たちは解明に取り組んでいる。


■10. ゴーストポンドから植物を再生する

 枯れて埋め立てられた池「ゴーストポンド」から、かつて生息していた水草を再生させる試みが行われている。植物の種は土中深くに埋め込まれてしまっても何百年も生き延びて、それこそゾンビのように生き返る。イギリスでは過去に埋め立てられた池や湿地を掘り返し、貴重な植物、絶滅してしまった植物を復活させるプロジェクトが進行中である。


■11. 宇宙をつなげる不気味な物質

1110-2017news-6.jpg画像は「Science Alert」より引用

 宇宙に存在する謎に包まれた物質・ダークマター。天体はクモの巣のような網目構造(フィラメント)を作っていることが知られているが、星々をつないでいるのはダークマターのフィラメントと考えられている。今年4月、このフィラメントが初めて可視化された。詳しくはこちらの過去記事をご覧いただきたい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。