ペニスが曲がっている男は“超・危険”だった! 米医大が衝撃発表「リスク高い“ペロニー病”かも。今すぐ検査しろ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ペニスが曲がっている男は超・危険だった! 米医大が衝撃発表「リスク高いペロニー病かも。今すぐ検査しろ」の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 男性であれば一度は、ペニスの「右曲がり」「左曲がり」を気にしたことがあるかもしれないが、今回、曲がったペニスを持つ男性は、ガンの罹患リスクが極めて高いことが明らかになった。


■勃起時にペニスが曲がっている男性は要注意!

 英紙「Daily Mail」によると、米テキサス州・ベイラー医科大学の研究者らが、同大学が保管している150万人分のデータを分析したところ、男性の7%以上が患っているとされる、海綿体などの組織の柔軟性を失わせ、勃起時に病変側にペニスが反り返る「ペロニー病(陰茎形成性硬化症)」と複数のガンに相関関係があるとことが分かったという。同研究は、アメリカ生殖医学会(American Society for Reproductive Medicine)で発表された。

ペニスが曲がっている男は超・危険だった! 米医大が衝撃発表「リスク高いペロニー病かも。今すぐ検査しろ」の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 恐ろしいことに、ペロニー病によりペニスが歪曲している男性は、歪曲していない男性に比べて、精巣ガンの発症率が40%、皮膚ガンの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)が29%、胃ガンが40%も高かったそうだ。

 また、ペロニー病を患う父子の遺伝子をそれぞれ分析したところ、どちらも精巣ガン・前立腺ガン・メラノーマの発症リスクを高める遺伝子を持っていることも判明。この特徴は、指が屈曲・変形する「デュピュイトラン拘縮」や、足の繊維が厚くなる線維腫症である「レダーホース病」を患う患者にも見られるそうだ。

人気連載
日本人はナゼ名誉白人なのか、歴史の裏で暗躍した死の商人と全員ゴルゴ13な特殊部隊ベイリーズ騎士団の大活躍

日本人はナゼ名誉白人なのか、歴史の裏で暗躍した死の商人と全員ゴルゴ13な特殊部隊ベイリーズ騎士団の大活躍

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
あなたの「近寄り難さ」がわかってしまうドキドキ4択診断! 友達を失わないために… Love Me Doの当たるアドバイス!

あなたの「近寄り難さ」がわかってしまうドキドキ4択診断! 友達を失わないために… Love Me Doの当たるアドバイス!

■周囲が感じる、あなたの“近寄りがたさ” 「“自分へのご褒...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。